• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【シルクロードS】レース後の談話

①着ダンスディレクター(浜中騎手) この馬にしてはゲートを出てくれましたね。レース運びも考えた通り。前に1頭(ローレルベローチェ)いましたが、安心して捕まえられるなと。気性が大人になり、折り合いに問題がなくなっています。もっと早くに重賞を勝っておかないといけない馬でしたが、これでGⅠでも期待できます。

 笹田調教師 小さい馬で体力がつくまで待ったけど、だんだんと馬に落ち着きが出て大人っぽくなった。それがようやく結果に。馬の様子を見て阪急杯か、高松宮記念へ向かうか決めます。

②着ローレルベローチェ(中井騎手) あのペースで行って止まっていませんからね。頑張っています。逆転は可能? 3角で一度、頭を上げる感じに。無駄な力を使っていたということあり、本番までに小さいことも含めて、ひとつひとつ直していきたい。

③着ワキノブレイブ(小牧騎手) 絶好のポジションで運べたね。やれると思っていたし、それがうまくはまった感じ。

④着セカンドテーブル(水口騎手) ローレルが行くのは分かっていましたし、アクティブミノルの後ろで理想的な競馬はできました。力をつけているので、これからが楽しみです。

⑤着ビッグアーサー(M・デムーロ騎手) 外枠で大変でした。スタートは良かったし、コーナーも馬の後ろで引っ張りながら回ってこれた。ただ、直線で内からぶつけられて外へ張られてしまいました。一番、馬場の悪いところを走らされて、最後は脚が重たくなってしまいました。きょうは外枠が痛かった。

 藤岡調教師 馬場が緩かったね。内側は芝が短くて硬かったし、団子の外を回る形にもなったからね。大外枠が痛かった。この後はオーシャンSへ向かいます。

⑥着サトノルパン(和田騎手) スタートは出てくれたね。ただ、今の馬場でこの斤量(57・5キロ)が響いた感じ。思った以上にはじけなかったから。ゲートは決まらないけど、千二の方が合う。やっぱり良馬場がいいね。

⑨着ネロ(内田騎手) スタートがあまり速くなかった。別にムキになって走っている感じでもなかったんだけど、ちょっと止まりすぎだね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る