【根岸S】モーニン横綱相撲で押し切る

公開日:  更新日:

1分22秒0のレースレコードV

 新ダート王に向けて大きく前進――。

 きのうの東京メーン・GⅢ根岸SはモーニンがV。1番人気に応えて重賞初制覇を決めた。

 レースは大方の予想通りシゲルカガがハナへ。前半3~5F34秒6―46秒4―58秒3は“稍重”の千四ならさほど速くないペース。これを3番手から早めに先頭へ並びかけ、ゴール前で猛追してきたタールタンを半馬身差抑えたところがゴールだった。

 勝ちタイム1分22秒0は01年ノボトゥルーの記録を0秒1更新するレースレコード。そのノボは続くフェブラリーSまでぶっこ抜いていた。

 モーニンはキャリアわずか5戦の身ながら、この好記録で重賞勝ち。しかもハイペースに引っ張られたものではなく、横綱相撲で自らつくった時計だ。まだまだ伸び盛りの明け4歳馬でもあり、GⅠに向けて期待が高まるのは当然のこと。

 暮れのチャンピオンズCを制したサンビスタは既に引退、繁殖入り。1月27日に行われた川崎記念の①②着ホッコータルマエ、サウンドトゥルーもフェブラリーSには出走しない見込み。

 3連覇を狙うコパノリッキーらが控えてるとはいえ、メンバー的にも食い込む余地は十分ある。

「馬力がアップしてたね。本番へ気になるのは中2週」とは石坂師。確かに同じ間隔で使った武蔵野Sでは0秒3差③着と伸び切れなかっただけに、そのへんをどうアジャストしてくるかが鍵になりそう。

 とはいえ、今回はプラス10キロと成長した馬体だったし、伸びしろも大いに残している。天井知らずの勢いで一気に頂点まで上り詰めてもおかしくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る