【シルクロードS】ダンスディレクター好記録で完勝

公開日:  更新日:

価値ある1馬身半差

 京都のGⅢシルクロードSはダンスディレクターが勝利を収めた。

 重賞初制覇はまさに完勝だった。1番枠を生かして好位のインで脚をため、逃げ込みを狙うローレルベローチェに並び掛けると左後方を振り返るほどの余裕。そこからゴールまで結局、気合をつけただけでノーステッキだから恐れ入る。

 それも残した記録が優秀だ。走破時計は稍重で1分7秒9。京都芝千二の稍重以上では歴代2位の好タイムで、②着に1馬身半差をつけた。

 京都芝千二はスタート後、坂になっているコース形態のため、極端にペースが上がらない。きのうもそうだった。

 前、後半の3Fは33秒7―34秒2。他馬も決して止まっているわけではなく、着差のつきにくい中での1馬身半差は高評価できる。ここ5年の勝ち馬と比較すると、12年ロードカナロア、14年ストレイトガールらGⅠ馬に次ぐ“圧勝”だった。

 この後は阪急杯を挟む可能性もあるが、3月27日の高松宮記念がいよいよ楽しみになった。

「小さい馬で体力がつくまで待っていた。だんだんと落ち着きが出て、大人っぽくなったね。それが結果に結びつきつつある」

 そうレース後に語ったのは管理する笹田師だ。

 思えば16戦中12戦までが1番人気だったように早くから素質は高く評価されていた。それが好記録で重賞初Vだから、師の言葉通り完成の域に近付いたのは間違いない。

 現役続行を表明したストレイトガールはいるものの、スプリント界は群雄割拠。本番でも“チャンスあり”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る