• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【シルクロードS】ダンスディレクター好記録で完勝

価値ある1馬身半差

 京都のGⅢシルクロードSはダンスディレクターが勝利を収めた。

 重賞初制覇はまさに完勝だった。1番枠を生かして好位のインで脚をため、逃げ込みを狙うローレルベローチェに並び掛けると左後方を振り返るほどの余裕。そこからゴールまで結局、気合をつけただけでノーステッキだから恐れ入る。

 それも残した記録が優秀だ。走破時計は稍重で1分7秒9。京都芝千二の稍重以上では歴代2位の好タイムで、②着に1馬身半差をつけた。

 京都芝千二はスタート後、坂になっているコース形態のため、極端にペースが上がらない。きのうもそうだった。

 前、後半の3Fは33秒7―34秒2。他馬も決して止まっているわけではなく、着差のつきにくい中での1馬身半差は高評価できる。ここ5年の勝ち馬と比較すると、12年ロードカナロア、14年ストレイトガールらGⅠ馬に次ぐ“圧勝”だった。

 この後は阪急杯を挟む可能性もあるが、3月27日の高松宮記念がいよいよ楽しみになった。

「小さい馬で体力がつくまで待っていた。だんだんと落ち着きが出て、大人っぽくなったね。それが結果に結びつきつつある」

 そうレース後に語ったのは管理する笹田師だ。

 思えば16戦中12戦までが1番人気だったように早くから素質は高く評価されていた。それが好記録で重賞初Vだから、師の言葉通り完成の域に近付いたのは間違いない。

 現役続行を表明したストレイトガールはいるものの、スプリント界は群雄割拠。本番でも“チャンスあり”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る