日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東京新聞杯】レース後の談話

①着スマートレイアー(吉田隼騎手) 競馬を見ていたら、長く脚を使うタイプかなと。ただ、3走前のように好位からもできそうなので、きょうは出していきました。まさかハナを切るとは思いませんでしたけど……。直線を向いたときも“いいかな”と。トップギアに入ったらいい脚を使ってくれました。どっしりしていい馬ですよ。これからも楽しみです。

②着エキストラエンド(岩田騎手) 内枠を生かして、いいポジションにつけられたね。ラストはいい伸びだったし、力のあるところは見せてくれた。冬場は体が硬くなりやすい馬だけど、厩舎がうまく仕上げてくれたのが大きかったよ。だからゲートもちゃんと出てくれたんだと思う。

③着マイネルアウラート(柴田大騎手) 馬がレースを覚えてきました。スタートを決めて道中はハミを抜いていい感じで走っていたし、直線はグッと伸びてくれました。これを自分から勝手にやってくれるんだから、大したもんです。今の充実ぶりならどこかでチャンスがありそうです。

④着ダノンプラチナ(蛯名騎手) ケイコの動きがもうひとつだったし、11キロ増でちょっと立派だったかな。でも、直線は外から一瞬届きそうなムードは見せた。これからステップを踏んでいけば良くなってくると思う。

⑤着テイエムタイホー(戸崎騎手) 折り合いの難しいタイプですが、何とか我慢して走ってくれました。切れる脚は使えなかったけど、しぶとく頑張ってくれました。できれば内枠が欲しかったです。

⑥着ダイワリベラル(菊沢調教師) 運が悪かったね。できれば②着馬のポジションが欲しかったよ。でも、そう差はなかった。力負けではなかったと思う。

⑩着グランシルク(池添騎手) 折り合いを頭に入れた競馬を。ムキになることもなく、うまくコントロールできたと思います。ただ、直線は内がゴチャついてしまいましたね。外に進路を切り替えたけど、そこでもスペースがなかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事