• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東京新聞杯】レース後の談話

①着スマートレイアー(吉田隼騎手) 競馬を見ていたら、長く脚を使うタイプかなと。ただ、3走前のように好位からもできそうなので、きょうは出していきました。まさかハナを切るとは思いませんでしたけど……。直線を向いたときも“いいかな”と。トップギアに入ったらいい脚を使ってくれました。どっしりしていい馬ですよ。これからも楽しみです。

②着エキストラエンド(岩田騎手) 内枠を生かして、いいポジションにつけられたね。ラストはいい伸びだったし、力のあるところは見せてくれた。冬場は体が硬くなりやすい馬だけど、厩舎がうまく仕上げてくれたのが大きかったよ。だからゲートもちゃんと出てくれたんだと思う。

③着マイネルアウラート(柴田大騎手) 馬がレースを覚えてきました。スタートを決めて道中はハミを抜いていい感じで走っていたし、直線はグッと伸びてくれました。これを自分から勝手にやってくれるんだから、大したもんです。今の充実ぶりならどこかでチャンスがありそうです。

④着ダノンプラチナ(蛯名騎手) ケイコの動きがもうひとつだったし、11キロ増でちょっと立派だったかな。でも、直線は外から一瞬届きそうなムードは見せた。これからステップを踏んでいけば良くなってくると思う。

⑤着テイエムタイホー(戸崎騎手) 折り合いの難しいタイプですが、何とか我慢して走ってくれました。切れる脚は使えなかったけど、しぶとく頑張ってくれました。できれば内枠が欲しかったです。

⑥着ダイワリベラル(菊沢調教師) 運が悪かったね。できれば②着馬のポジションが欲しかったよ。でも、そう差はなかった。力負けではなかったと思う。

⑩着グランシルク(池添騎手) 折り合いを頭に入れた競馬を。ムキになることもなく、うまくコントロールできたと思います。ただ、直線は内がゴチャついてしまいましたね。外に進路を切り替えたけど、そこでもスペースがなかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る