【きさらぎ賞】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 超うれし~。ポテンシャルがとても高い。直線もすごく走りました。ムチ? 1回だけ使いましたが、でも、いらなかった(笑い)。馬はとてもリラックスして4角から反応が良くなった。まだノットフルパワー。ライバルがいなかったね。GⅠレベルにあると思うし、距離が二千、二千四百と延びても問題ないですよ。

 池江調教師 硬い馬場やコーナー2つの距離にどう対応するか。全てクリアできましたね。ムチはどう反応するかを見るために入れてもらった。それでもあれだけ真っすぐ走る馬はそういない。余裕がある証拠だし、体幹もしっかりしているんでしょう。でも、まだまだこれからの馬ですよ。来週、ノーザンファームしがらきへ放牧に出します。馬の様子を見てトライアルを使うか、皐月賞に直行するか決めます。あくまでダービーをピークに持っていきたいですから。

②着レプランシュ(内田騎手) オレの馬も頑張っているよ。②着まで来れたし、まだまだこれからだから楽しみだね。ただ、勝った馬は別格。

③着ロイカバード(武豊騎手) レース前は前走より落ち着いていた。でも、競馬ではだんだんと行きたがる面が出てきている。きょうはあせって走っている感じで、千メートルくらい掛かっていたから。それがゴール前の伸びに響いてしまった。

 松永幹調教師 普段の調教からハミを取る感じになっていましたから。それが内枠で周りに馬がいたことで行きたがってしまった。今後の課題ですね。

④着ノガロ(松若騎手) いつものようにゲートは速かったし、楽にいい位置で競馬ができた。人気馬には切れで負けると思ったので、早めに仕掛けたのも予定通りです。きょうもよく頑張ったけど、まだまだ未完成。良くなるのはこれからだと思います。

⑦着ロワアブソリュー(M・デムーロ騎手) 元気が良すぎる。掛かったり何回もぶつかったりでスムーズなレースができなかった。まだまだ馬が子供だね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る