• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【きさらぎ賞】サトノダイヤモンド圧巻の3連勝

ステッキ一発でレースレコードV

“5億円対決”の第2ラウンドが前評判だったきさらぎ賞。しかし直線は対決にもならなかった。

 主役はもちろんサトノダイヤモンド。道中は中団のインで折り合って、無理なく4角で先団に。この時点ではライバルのロイカバードが直後に迫ってきたが、それも一瞬のこと。直線は一頭だけ別次元の競馬。これまでノーステッキで2連勝を飾っていたが、きのうはルメールの左ステッキが一発飛んで3馬身半差Vを決めた。

「ムチはどう反応するかを見るために入れてもらったもの。それでもあれだけ真っすぐ走る馬はそういない」

 管理する池江師が振り返れば、敗れたロイカバードの松永幹師も「勝ち馬が強かったです」とライバルを称えた。

 ちなみに記録面でも1分46秒9はきさらぎ賞のレースレコード。単勝は120円で、3歳重賞で牡馬がこれだけの断トツ人気を集め、その期待にしっかり応えて勝ったのはあのディープインパクト以来でもある。

 当然、クラシックでも主役の一頭――それに間違いはないだろう。ただ、周りがお手上げになるような断然の存在と言い切れないのが、今年の3歳牡馬陣。とにかく、歴代でも有数の粒揃いだからだ。

 他にクラシック候補を挙げれば、2歳王者リオンディーズを筆頭に、ハートレー、マカヒキ、ドレッドノータスといった2戦2勝の素質馬たち。さらにロードクエスト、スマートオーディン、エアスピネルといった重賞ウイナーも。

 サトノダイヤモンドが主役の座にグンと近づいたとはいえ、今後の3歳戦線はまだまだ予断を許さない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る