【きさらぎ賞】サトノダイヤモンド圧巻の3連勝

公開日:  更新日:

ステッキ一発でレースレコードV

“5億円対決”の第2ラウンドが前評判だったきさらぎ賞。しかし直線は対決にもならなかった。

 主役はもちろんサトノダイヤモンド。道中は中団のインで折り合って、無理なく4角で先団に。この時点ではライバルのロイカバードが直後に迫ってきたが、それも一瞬のこと。直線は一頭だけ別次元の競馬。これまでノーステッキで2連勝を飾っていたが、きのうはルメールの左ステッキが一発飛んで3馬身半差Vを決めた。

「ムチはどう反応するかを見るために入れてもらったもの。それでもあれだけ真っすぐ走る馬はそういない」

 管理する池江師が振り返れば、敗れたロイカバードの松永幹師も「勝ち馬が強かったです」とライバルを称えた。

 ちなみに記録面でも1分46秒9はきさらぎ賞のレースレコード。単勝は120円で、3歳重賞で牡馬がこれだけの断トツ人気を集め、その期待にしっかり応えて勝ったのはあのディープインパクト以来でもある。

 当然、クラシックでも主役の一頭――それに間違いはないだろう。ただ、周りがお手上げになるような断然の存在と言い切れないのが、今年の3歳牡馬陣。とにかく、歴代でも有数の粒揃いだからだ。

 他にクラシック候補を挙げれば、2歳王者リオンディーズを筆頭に、ハートレー、マカヒキ、ドレッドノータスといった2戦2勝の素質馬たち。さらにロードクエスト、スマートオーディン、エアスピネルといった重賞ウイナーも。

 サトノダイヤモンドが主役の座にグンと近づいたとはいえ、今後の3歳戦線はまだまだ予断を許さない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る