【共同通信杯】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ディーマジェスティ(蛯名騎手) 馬場が悪いのは得意じゃないので戸惑っていたんだ。でも、直線でエンジンがかかったので、なんとかなるかな、と。一頓挫あったんだけど、厩舎がうまいこと調整してくれたね。まだまだ課題はあるけど、ディープインパクトらしい素軽さもあるし、このメンバーを負かしたんだから自信を持ってもいいんじゃないかな。

②着イモータル(戸崎騎手) 前走で力んでたようなのでその辺を気にしてましたが、レースはなんとか大丈夫でしたね。スムーズに流れに乗れました。きょうは前残りの馬場を考えて、ある程度の位置を取ったのが良かったと思います。

③着メートルダール(ルメール騎手) マークしていた1番人気馬が早めにバテたんでね。結局その外、外を回す形になってしまった。あの展開では厳しかったよ。それでもラストまで頑張って伸びていたと思う。

④着リスペクトアース(大野騎手) 長くいい脚を使えるイメージで乗りました。ええ、自分の形でレースができましたよ。もう少し馬場が乾いていれば、もっと踏ん張れたと思います。

⑥着スマートオーディン(武豊騎手) 正直よく分からないね。オレが聞きたいくらいだよ。多少力んではいたけど、前回よりはマシだったし、好ポジションから直線もスムーズに外に出せたのに伸びてくれなかった。馬場のせい? こなせないほど悪くはなかったからねえ。2戦目がダメだったように、ポカのある馬なのかも。

⑨着ハートレー(横山典騎手) なんで走らなかったんだろうねえ。確かに少しノメッて走ってはいたよ。首を下げる独特のフォームだし、緩い馬場が影響したのかもしれないけど、それにしても4角前にはもう手応えが悪かったから。ま、若い馬だし、これから頑張ってくれると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る