日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京都記念】レース後の談話

①着サトノクラウン(M・デムーロ騎手) 強かったです。この馬場で返し馬では頭を下げて走っていたので、(ノメると思い)“困ったな”と。でも、スタートしてからは全然違った。いい手応えで頑張ってくれました。最後まで誰も来なかった。先生(堀師)からは「すごく状態がいい」と聞いていましたし、去年もダービーで③着。ホント、強かった。

②着タッチングスピーチ(福永騎手) いいスタートを切れたね。その位置で、と思っていた。以前より前で流れに乗れたけど、ズブさが出たかな。3角手前から手を動かしていたからね。こんなタフな馬場でよく頑張っているし、牡馬相手に存在感は見せたと思うよ。

③着アドマイヤデウス(橋田調教師) 内枠で馬場のいい外めに持ち出すことができなかった。それを考えればよく頑張ってますよ。

④着ヒストリカル(田中勝騎手) もう少しだったね。馬場? いいところを選んで走れたから、そこまで影響はなかったと思うよ。距離をこなせたのは収穫だった。

⑤着ヤマカツエース(池添騎手) 折り合いをしっかりとつけてレースを進めようと思ってた。道中はその通りの競馬ができたし、4角では先に抜けたサトノを捕まえられる手応えもあったんだけどねえ。最後は脚を取られて苦しくなってしまった。とにかくきょうは馬場につきるよ。

⑥着ワンアンドオンリー(内田騎手) 状態は完璧に近いくらい良かったと思う。そうでなければこんなタフな馬場であそこまで踏ん張れないよ。

⑫着レーヴミストラル(川田騎手) この馬場では全く無理でした。状態が良かっただけに残念です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事