【京都記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着サトノクラウン(M・デムーロ騎手) 強かったです。この馬場で返し馬では頭を下げて走っていたので、(ノメると思い)“困ったな”と。でも、スタートしてからは全然違った。いい手応えで頑張ってくれました。最後まで誰も来なかった。先生(堀師)からは「すごく状態がいい」と聞いていましたし、去年もダービーで③着。ホント、強かった。

②着タッチングスピーチ(福永騎手) いいスタートを切れたね。その位置で、と思っていた。以前より前で流れに乗れたけど、ズブさが出たかな。3角手前から手を動かしていたからね。こんなタフな馬場でよく頑張っているし、牡馬相手に存在感は見せたと思うよ。

③着アドマイヤデウス(橋田調教師) 内枠で馬場のいい外めに持ち出すことができなかった。それを考えればよく頑張ってますよ。

④着ヒストリカル(田中勝騎手) もう少しだったね。馬場? いいところを選んで走れたから、そこまで影響はなかったと思うよ。距離をこなせたのは収穫だった。

⑤着ヤマカツエース(池添騎手) 折り合いをしっかりとつけてレースを進めようと思ってた。道中はその通りの競馬ができたし、4角では先に抜けたサトノを捕まえられる手応えもあったんだけどねえ。最後は脚を取られて苦しくなってしまった。とにかくきょうは馬場につきるよ。

⑥着ワンアンドオンリー(内田騎手) 状態は完璧に近いくらい良かったと思う。そうでなければこんなタフな馬場であそこまで踏ん張れないよ。

⑫着レーヴミストラル(川田騎手) この馬場では全く無理でした。状態が良かっただけに残念です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る