【フェブラリーS】また②着ノンコノユメ

公開日:  更新日:

これは追い込み馬の宿命か

 懸命の追い込みも届かず……。1番人気に支持されたノンコノユメは、チャンピオンズC②着に続いての銀メダルに終わった。

 前日にまとまった雨が降り、馬場状態は“重”発表。後ろからでは厳しいコンディションになっていたが、レースはコーリンベリー、モンドクラッセ、コパノリッキーらが先手を主張。2F目から一気にペースアップして、前半3F34秒1―58秒4の猛ラップが刻まれている。

 先団馬群がギュッと固まっている中、ノンコはその後ろでじっくり脚をためた。展開的にもはまった感じがあり、直線では満を持して大外へ。

 いくらかエンジンがかかるのに時間を要したようにも見えたが、上がり3Fは極限ともいえる34秒7! ダートではこれ以上は望めない末脚を繰り出した。

 しかし、先に抜け出したモーニンの背中はかなり遠く、1馬身4分の1差まで詰めるのが精いっぱい。GⅠは甘くなかった。

 良馬場なら結果は違ったかもしれない。が、これも追い込み馬の宿命か――。それでも青竜Sに続き、東京ダート千六で上がり34秒台をマークしたのは立派。力は存分に示したといえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る