• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フェブラリーS】また②着ノンコノユメ

これは追い込み馬の宿命か

 懸命の追い込みも届かず……。1番人気に支持されたノンコノユメは、チャンピオンズC②着に続いての銀メダルに終わった。

 前日にまとまった雨が降り、馬場状態は“重”発表。後ろからでは厳しいコンディションになっていたが、レースはコーリンベリー、モンドクラッセ、コパノリッキーらが先手を主張。2F目から一気にペースアップして、前半3F34秒1―58秒4の猛ラップが刻まれている。

 先団馬群がギュッと固まっている中、ノンコはその後ろでじっくり脚をためた。展開的にもはまった感じがあり、直線では満を持して大外へ。

 いくらかエンジンがかかるのに時間を要したようにも見えたが、上がり3Fは極限ともいえる34秒7! ダートではこれ以上は望めない末脚を繰り出した。

 しかし、先に抜け出したモーニンの背中はかなり遠く、1馬身4分の1差まで詰めるのが精いっぱい。GⅠは甘くなかった。

 良馬場なら結果は違ったかもしれない。が、これも追い込み馬の宿命か――。それでも青竜Sに続き、東京ダート千六で上がり34秒台をマークしたのは立派。力は存分に示したといえよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る