• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【小倉大賞典】マツパク厩舎アルバートドック イン強襲

 GⅢ小倉大賞典を制したのは2番人気アルバートドック。鞍上の川田はまさに渾身の騎乗を見せた。

 アルバートドックが所属する松田博厩舎は今月末で定年のために解散。まだ今週の開催は残っているものの、実質的にこの馬が重賞Vのラストチャンスだった。

 先々週までの時点で川田は924勝。そのうちちょうど100勝を挙げていたのが松田博厩舎である。一番多く勝たせてもらっていたうえに、ハープスターなどで重賞を11勝している。

 当然、川田はローカル重賞でも気合満点でレースに挑んだはず。だからこそ、渾身のイン強襲、差し切りVが決まったのかもしれない。

 レース後、男泣きしていたように“愛弟子”にとってはいい恩返しになった。これでマツパク厩舎は通算799勝。最終週でメモリアルVを達成して、花道を飾る可能性もあるだろう。

 マツパク厩舎だけでなく、今週で橋口弘師も含めて3人のトレーナーが引退。ラストウイークの勝負がかりには注目が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る