【小倉大賞典】マツパク厩舎アルバートドック イン強襲

公開日:  更新日:

 GⅢ小倉大賞典を制したのは2番人気アルバートドック。鞍上の川田はまさに渾身の騎乗を見せた。

 アルバートドックが所属する松田博厩舎は今月末で定年のために解散。まだ今週の開催は残っているものの、実質的にこの馬が重賞Vのラストチャンスだった。

 先々週までの時点で川田は924勝。そのうちちょうど100勝を挙げていたのが松田博厩舎である。一番多く勝たせてもらっていたうえに、ハープスターなどで重賞を11勝している。

 当然、川田はローカル重賞でも気合満点でレースに挑んだはず。だからこそ、渾身のイン強襲、差し切りVが決まったのかもしれない。

 レース後、男泣きしていたように“愛弟子”にとってはいい恩返しになった。これでマツパク厩舎は通算799勝。最終週でメモリアルVを達成して、花道を飾る可能性もあるだろう。

 マツパク厩舎だけでなく、今週で橋口弘師も含めて3人のトレーナーが引退。ラストウイークの勝負がかりには注目が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る