日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【中山記念】レース後の談話

①着ドゥラメンテ(M・デムーロ騎手) 強かったね。追い切りの時から自信は持っていたよ。久々で少しうるさかったけど、いいスタートを切れてポジションを取れたのが大きかった。千八はちょっと短いから、余計にね。手応えがいいから早めに先頭に立って物見をして危なかったけど、最後は気持ち良かったよ。

②着アンビシャス(ルメール騎手) とてもうれしいね。リラックスしていたし、最後は凄い脚で走りました。チャンピオンのドゥラメンテを相手に際どい②着。アンビシャスも休み明けだから、次が楽しみ。

③着リアルスティール(福永騎手) ドゥラメンテのポジションがほしかったけど、この距離はスムーズな競馬ができた。勝負どころで右にもたれてもたついたのは、休み明けで余裕残しだったからね。シュッとは切れなかったけど、最後までジリジリと詰めていたし、使って良くなると思う。やっぱり4歳世代は強いよね。

④着フルーキー(戸崎騎手) 最後までしっかり伸びていたし、この相手でもやれるところを見せてくれましたね。

⑤着レッドレイヴン(柴田善騎手) 牧場からいい感じで戻って、ここを目標に。この相手にいい内容の⑤着。このあと順調にいってほしい。

⑥着ラストインパクト(ベリー騎手) スタートが良かったし、馬が元気ありすぎてあのポジションに。最後は切れ負けしてしまった。二千や二千四百の方がいいかな。

⑦着ロゴタイプ(田辺騎手) ここまで流れや時計が速いと持ち味が生きなかったです。ずっと脚を使わされてしまいましたから……。

⑨着イスラボニータ(蛯名騎手) 最初はおとなしかったのに、だんだんとゲートの中で悪くなって。それに3角から進んで行かず、上にばっかり伸びて走っていた。なんか違うんだ。勝ち馬の後ろで流れに乗ったんだが最後も伸びてなくて。何が敗因なんだか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事