• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【中山記念】レース後の談話

①着ドゥラメンテ(M・デムーロ騎手) 強かったね。追い切りの時から自信は持っていたよ。久々で少しうるさかったけど、いいスタートを切れてポジションを取れたのが大きかった。千八はちょっと短いから、余計にね。手応えがいいから早めに先頭に立って物見をして危なかったけど、最後は気持ち良かったよ。

②着アンビシャス(ルメール騎手) とてもうれしいね。リラックスしていたし、最後は凄い脚で走りました。チャンピオンのドゥラメンテを相手に際どい②着。アンビシャスも休み明けだから、次が楽しみ。

③着リアルスティール(福永騎手) ドゥラメンテのポジションがほしかったけど、この距離はスムーズな競馬ができた。勝負どころで右にもたれてもたついたのは、休み明けで余裕残しだったからね。シュッとは切れなかったけど、最後までジリジリと詰めていたし、使って良くなると思う。やっぱり4歳世代は強いよね。

④着フルーキー(戸崎騎手) 最後までしっかり伸びていたし、この相手でもやれるところを見せてくれましたね。

⑤着レッドレイヴン(柴田善騎手) 牧場からいい感じで戻って、ここを目標に。この相手にいい内容の⑤着。このあと順調にいってほしい。

⑥着ラストインパクト(ベリー騎手) スタートが良かったし、馬が元気ありすぎてあのポジションに。最後は切れ負けしてしまった。二千や二千四百の方がいいかな。

⑦着ロゴタイプ(田辺騎手) ここまで流れや時計が速いと持ち味が生きなかったです。ずっと脚を使わされてしまいましたから……。

⑨着イスラボニータ(蛯名騎手) 最初はおとなしかったのに、だんだんとゲートの中で悪くなって。それに3角から進んで行かず、上にばっかり伸びて走っていた。なんか違うんだ。勝ち馬の後ろで流れに乗ったんだが最後も伸びてなくて。何が敗因なんだか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る