日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【阪急杯】レース後の談話

①着ミッキーアイル(松山騎手) 行く馬は多かったけど、この馬の競馬をしようと積極的な気持ちで乗りました。ハナに行ってからは自分のリズムで競馬ができたし、直線に向いた時も手応えは十分。その通りに最後までしっかりと走ってくれました。ただ、最後によれて他馬に迷惑をかけたことは申し訳なく思っています。

②着オメガヴェンデッタ(武豊騎手) すごく乗りやすいね。最後までしぶとく伸びてくれたし、いいレースはできたと思うよ。勝ち馬は強かったけど、いずれは重賞に手が届く馬じゃないかな。

③着ブラヴィッシモ(川田騎手) いい枠でスムーズな競馬ができましたね。よく頑張っていますし、これがいい経験になると思います。

④着ミッキーラブソング(小牧騎手) 一瞬、勝ったと思ったけどね。3~4角でペースが落ち着いてしまったから。あれだけスタートが良かったら、もう1列前で流れに乗れていれば。エンジンのかかりが遅かった。

橋口弘調教師 鞍上は最高の乗り方をしてくれた。結果にも納得してる。直線は久しぶりに声も出たね。この後は息子(橋口慎師)のところに行く予定。そこで頑張ってほしい。

④着同着サドンストーム(武幸騎手) うまくいったと思ったんだけどねえ。完調なら差し切ってたんじゃないかな。休み明けで千四だったし、次はいいと思う。

⑥着レッツゴードンキ(岩田騎手) 返し馬から落ち着いてたし、ゲートの中、道中と馬の雰囲気は良かった。最後は久々で止まったけど、調教でやってきたことは出してくれたと思うよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事