日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【弥生賞】レース後の談話

①着マカヒキ(ルメール騎手) 強かったね。GⅠ馬のリオンディーズやエアスピネルがいるメンバーでマカヒキはすごい脚できてくれた。スタートが良くなかったので後ろになってちょっとびっくりしたよ。中山はいいポジションを取らないとダメだからね。それでも、上がっていけたし、道中はリラックスして走ってくれた。4コーナーでは外に出して残り300メートルぐらいからすばらしい伸び。皐月賞が楽しみだね。

友道調教師 強かったね。ジョッキーがうまく乗ってくれました。3頭の中では(位置取りが)前かなと思ってたけど、一番後ろだったんで驚いた。でも、折り合いがついてたし、最後は久しぶりに声が出ました(笑い)。前走より落ち着きがあった。ええ、父(ディープインパクト)と同じようになってくれれば。

②着リオンディーズ(M・デムーロ騎手) 一番の問題は元気が良すぎたこと。1~2コーナーではリラックスしてたのに、向正面で引っ掛かった。3~4コーナーはいい手応え。でも、あまり瞬発力がなかったね。早めに先頭に立ったら物見してたし、タイミングが悪かった。本番で頑張るよ。

③着エアスピネル(武豊騎手) 不思議な感覚。負けた感じがしないんだよ。最後までしっかり走れたし、いいレースができた。普通なら勝ってるから。今年はレベルが高い。本番で巻き返したいけどね。

④着タイセイサミット(内田騎手) うまく乗ったんだけどなあ。きょうはスタートが良かったから豊さん(武豊騎手)を見ながら流れに乗れたしね。それなのに直線では前の馬に離されちゃって。オレのも伸びてるんだよ。ついていけなかった。馬は本当に頑張ってくれたんだけどね。

⑤着アドマイヤエイカン(岩田騎手) 連闘はプラスだったんじゃないかな。気が入っていなかった先週とは違う気持ちで走れていたからね。まあ、本当に良くなるのはまだ先。ゆっくりと長い目で成長を待ちたいね。無事にいけば、さらにパワーもついてくるだろうから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事