日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菜七子初勝利お預け

火曜に高知で女性ジョッキー対決だ

 先週も初勝利はならなかった。

 デビュー2週目を迎えた新人女性ジョッキーの藤田菜七子。土、日の中山で計7鞍に騎乗したものの、⑬⑥⑫⑬⑭⑥⑬着と掲示板入りはなし。全て平場のレースで3キロ減の恩恵があるとはいえ、なかなか甘くないのが現実である。

「まだまだですね。きょう(日曜)は横山教官(元騎手)が来て、いろいろ指導してもらいました。それを生かして来週、その次と一歩ずつ前進していきたいです」

 しかし“菜七子フィーバー”は相変わらずだ。土、日で騎乗した7頭のうち、実に6頭の単勝人気が前走を上回っていた(1頭は前走と同じ)。

 今週は火曜(15日)に高知で6鞍に騎乗。最終レースでは現地の別府真衣、下村瑠衣と女性3騎手の対戦が実現する。

 また、21日のGⅢフラワーCではシャララで重賞初騎乗も。本賞金400万円のため29分の14で抽選待ちだが、出走がかなえば、さらにフィーバーが過熱しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事