菜七子初勝利お預け

公開日:  更新日:

火曜に高知で女性ジョッキー対決だ

 先週も初勝利はならなかった。

 デビュー2週目を迎えた新人女性ジョッキーの藤田菜七子。土、日の中山で計7鞍に騎乗したものの、⑬⑥⑫⑬⑭⑥⑬着と掲示板入りはなし。全て平場のレースで3キロ減の恩恵があるとはいえ、なかなか甘くないのが現実である。

「まだまだですね。きょう(日曜)は横山教官(元騎手)が来て、いろいろ指導してもらいました。それを生かして来週、その次と一歩ずつ前進していきたいです」

 しかし“菜七子フィーバー”は相変わらずだ。土、日で騎乗した7頭のうち、実に6頭の単勝人気が前走を上回っていた(1頭は前走と同じ)。

 今週は火曜(15日)に高知で6鞍に騎乗。最終レースでは現地の別府真衣、下村瑠衣と女性3騎手の対戦が実現する。

 また、21日のGⅢフラワーCではシャララで重賞初騎乗も。本賞金400万円のため29分の14で抽選待ちだが、出走がかなえば、さらにフィーバーが過熱しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る