【中山牝馬S】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着シュンドルボン(吉田豊騎手) 道中は人気馬をマークする形。直線でも相手が強いのでどうか、と思ったんですが、差し切ってくれてよかったです。外枠で外、外を回りましたが、うまくルージュバックの後ろに入れて脚をためることができましたね。とても乗りやすい馬。大きいところでも楽しみです。

②着ルージュバック(戸崎騎手) どこでやったかは分かりませんが、左前を落鉄してましたね。最後はその分が影響したのかな。

③着メイショウスザンナ(大野騎手) デキが良かったですね。道中はリズム良く運べて、うまく脚をためることができたし、ラストはいい伸びでした。きょうのように差す形がいいと思います。

④着アルマディヴァン(高橋文調教師) 逃げるつもりはなかったらしいけど、自分のリズムで走らせたらあの位置になったようです。もうちょい状態が良ければもっと頑張れたはずですが……。

⑤着ハピネスダンサー(吉田隼騎手) 勝負どころで①②着馬に押し込まれたのが痛かったですね。そこからもう一度頑張って伸びてきてくれたんですが。

⑧着アースライズ(川須騎手) スローの中団で動けない位置にはまってしまいました。途中でまくってくる馬もいて、位置取りを下げることに。不完全燃焼でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る