日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【中山牝馬S】レース後の談話

①着シュンドルボン(吉田豊騎手) 道中は人気馬をマークする形。直線でも相手が強いのでどうか、と思ったんですが、差し切ってくれてよかったです。外枠で外、外を回りましたが、うまくルージュバックの後ろに入れて脚をためることができましたね。とても乗りやすい馬。大きいところでも楽しみです。

②着ルージュバック(戸崎騎手) どこでやったかは分かりませんが、左前を落鉄してましたね。最後はその分が影響したのかな。

③着メイショウスザンナ(大野騎手) デキが良かったですね。道中はリズム良く運べて、うまく脚をためることができたし、ラストはいい伸びでした。きょうのように差す形がいいと思います。

④着アルマディヴァン(高橋文調教師) 逃げるつもりはなかったらしいけど、自分のリズムで走らせたらあの位置になったようです。もうちょい状態が良ければもっと頑張れたはずですが……。

⑤着ハピネスダンサー(吉田隼騎手) 勝負どころで①②着馬に押し込まれたのが痛かったですね。そこからもう一度頑張って伸びてきてくれたんですが。

⑧着アースライズ(川須騎手) スローの中団で動けない位置にはまってしまいました。途中でまくってくる馬もいて、位置取りを下げることに。不完全燃焼でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事