【中山牝馬S】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着シュンドルボン(吉田豊騎手) 道中は人気馬をマークする形。直線でも相手が強いのでどうか、と思ったんですが、差し切ってくれてよかったです。外枠で外、外を回りましたが、うまくルージュバックの後ろに入れて脚をためることができましたね。とても乗りやすい馬。大きいところでも楽しみです。

②着ルージュバック(戸崎騎手) どこでやったかは分かりませんが、左前を落鉄してましたね。最後はその分が影響したのかな。

③着メイショウスザンナ(大野騎手) デキが良かったですね。道中はリズム良く運べて、うまく脚をためることができたし、ラストはいい伸びでした。きょうのように差す形がいいと思います。

④着アルマディヴァン(高橋文調教師) 逃げるつもりはなかったらしいけど、自分のリズムで走らせたらあの位置になったようです。もうちょい状態が良ければもっと頑張れたはずですが……。

⑤着ハピネスダンサー(吉田隼騎手) 勝負どころで①②着馬に押し込まれたのが痛かったですね。そこからもう一度頑張って伸びてきてくれたんですが。

⑧着アースライズ(川須騎手) スローの中団で動けない位置にはまってしまいました。途中でまくってくる馬もいて、位置取りを下げることに。不完全燃焼でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る