【フィリーズレビュー】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ソルヴェイグ(川田騎手) 新馬の時から素質は感じてましたが、少し性格が強かったり、馬場に泣いたりで。いい枠を引けて人気馬(キャンディバローズ)を見ながら我慢できました。追い掛けられるともっと伸びそうだったので、安心して突き放すことができました。もう1F延びることはベストではないにせよ、いい内容でしたね。

②着アットザシーサイド(福永騎手) 少し馬群をさばくのに手間取ってしまいました。それでも最後は凄い脚。きょうの感じなら長い距離への適性を感じたし、桜花賞だけでなくオークスでも良さそう。勝った馬が理想的な競馬をした中でこれだけやれたし、次が楽しみになりました。

③着キャンディバローズ(武豊騎手) スタートが良かったから、無理に控えてもと思って行かせました。楽に行けて、直線は押し切れるかなと思ったほど。頑張ってくれましたよ。

④着ダイアナヘイロー(国分優騎手) 思ったよりもゲートが出ていかなかったので、出して引っ掛かるよりはためて運びました。最後はいい脚を使ってくれたし、ボクがうまく乗ってあげれば権利は取れたかもしれないので申し訳ないです。

⑤着ソーディヴァイン(佐藤友騎手) 道中で少し(ハミを)噛んでしまったのがもったいなかったですね。芝でも頑張ってくれましたが、ダートならさらに上を狙える馬だと思いますよ。

⑥着リルティングインク(ルメール騎手) きょうが2走目でしたから。千六を使ったあとの千四で少し忙しい感じがしました。距離はもう少し長い方がいいですね。経験の差が出ました。

⑧着メイショウスイヅキ(池添騎手) 何とか馬の後ろで我慢してくれましたが、引っ張ると頭を上げるところがあって。それでも、一瞬来るかなと。ただ、この枠(⑱番)では仕方ないですね。

⑯着ナタリーバローズ(M・デムーロ騎手) 3角でゴチャつき、接触してテンションが高くなってしまいました。直線でも内の馬が外に出てきて。もっと走れる馬です。今回はゴメンナサイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る