【フィリーズレビュー】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ソルヴェイグ(川田騎手) 新馬の時から素質は感じてましたが、少し性格が強かったり、馬場に泣いたりで。いい枠を引けて人気馬(キャンディバローズ)を見ながら我慢できました。追い掛けられるともっと伸びそうだったので、安心して突き放すことができました。もう1F延びることはベストではないにせよ、いい内容でしたね。

②着アットザシーサイド(福永騎手) 少し馬群をさばくのに手間取ってしまいました。それでも最後は凄い脚。きょうの感じなら長い距離への適性を感じたし、桜花賞だけでなくオークスでも良さそう。勝った馬が理想的な競馬をした中でこれだけやれたし、次が楽しみになりました。

③着キャンディバローズ(武豊騎手) スタートが良かったから、無理に控えてもと思って行かせました。楽に行けて、直線は押し切れるかなと思ったほど。頑張ってくれましたよ。

④着ダイアナヘイロー(国分優騎手) 思ったよりもゲートが出ていかなかったので、出して引っ掛かるよりはためて運びました。最後はいい脚を使ってくれたし、ボクがうまく乗ってあげれば権利は取れたかもしれないので申し訳ないです。

⑤着ソーディヴァイン(佐藤友騎手) 道中で少し(ハミを)噛んでしまったのがもったいなかったですね。芝でも頑張ってくれましたが、ダートならさらに上を狙える馬だと思いますよ。

⑥着リルティングインク(ルメール騎手) きょうが2走目でしたから。千六を使ったあとの千四で少し忙しい感じがしました。距離はもう少し長い方がいいですね。経験の差が出ました。

⑧着メイショウスイヅキ(池添騎手) 何とか馬の後ろで我慢してくれましたが、引っ張ると頭を上げるところがあって。それでも、一瞬来るかなと。ただ、この枠(⑱番)では仕方ないですね。

⑯着ナタリーバローズ(M・デムーロ騎手) 3角でゴチャつき、接触してテンションが高くなってしまいました。直線でも内の馬が外に出てきて。もっと走れる馬です。今回はゴメンナサイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る