• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フラワーC】レース後の談話

①着エンジェルフェイス(福永騎手) 初めての騎乗だったんですが、前回は逃げて勝っているので、楽に先手を取れるかが鍵と思っていました。考えていた以上にうまくハナを切れたので、道中の感じから“大丈夫かな”と。最後はギュッと伸びてほしかったけど、完成はもっと先だからね。スピードがあるから、桜花賞でもOKなんじゃないかな。

②着ゲッカコウ(松岡騎手) ゲートの中でうるさくて、テンの行き脚がつかなかったですね。そのせいで動けない位置にはまってしまいました。それでも最後はよく伸びてくれたし、折り合いがついたのも収穫だった。賞金を加算できてよかったです。

③着ウインクルサルーテ(秋山騎手) ラストはいい伸びでしたね。まだこれからの馬だけど、現状でもこのくらい走れる能力はあるんですよ。ただ、賞金を加算できなかったのは残念でした。

④着ギモーヴ(シュタルケ騎手) 二千メートル以上の馬だね。いいポジションは取れたが、千八の流れでは脚をためるところがなかったよ。トップスピードに乗るまで時間がかかったし、最後は苦しがって左にもたれていた。

⑤着エテルナミノル(蛯名騎手) 2度目の芝でもスムーズに流れに乗っていけたんだけど、坂で止まってしまった。キャリアが浅いことを考えれば、よく頑張ってるよ。

⑦着ラブリーアモン(武士沢騎手) 本当は勢いをつけ直線に向きたかったけど、内枠だったし、スローで馬群の内、内からではどうしようもなかったね。それでも最後はよく詰めていた。頑張ってますよ。

⑧着ルフォール(岩田騎手) どんなレースでもできると思ってたんで、先入観を持たずに乗ったよ。それが裏目に出ちゃったかな。もっと前、前で競馬した方がよかったかも。それに、東京の方が合っている馬だよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る