【フラワーC】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着エンジェルフェイス(福永騎手) 初めての騎乗だったんですが、前回は逃げて勝っているので、楽に先手を取れるかが鍵と思っていました。考えていた以上にうまくハナを切れたので、道中の感じから“大丈夫かな”と。最後はギュッと伸びてほしかったけど、完成はもっと先だからね。スピードがあるから、桜花賞でもOKなんじゃないかな。

②着ゲッカコウ(松岡騎手) ゲートの中でうるさくて、テンの行き脚がつかなかったですね。そのせいで動けない位置にはまってしまいました。それでも最後はよく伸びてくれたし、折り合いがついたのも収穫だった。賞金を加算できてよかったです。

③着ウインクルサルーテ(秋山騎手) ラストはいい伸びでしたね。まだこれからの馬だけど、現状でもこのくらい走れる能力はあるんですよ。ただ、賞金を加算できなかったのは残念でした。

④着ギモーヴ(シュタルケ騎手) 二千メートル以上の馬だね。いいポジションは取れたが、千八の流れでは脚をためるところがなかったよ。トップスピードに乗るまで時間がかかったし、最後は苦しがって左にもたれていた。

⑤着エテルナミノル(蛯名騎手) 2度目の芝でもスムーズに流れに乗っていけたんだけど、坂で止まってしまった。キャリアが浅いことを考えれば、よく頑張ってるよ。

⑦着ラブリーアモン(武士沢騎手) 本当は勢いをつけ直線に向きたかったけど、内枠だったし、スローで馬群の内、内からではどうしようもなかったね。それでも最後はよく詰めていた。頑張ってますよ。

⑧着ルフォール(岩田騎手) どんなレースでもできると思ってたんで、先入観を持たずに乗ったよ。それが裏目に出ちゃったかな。もっと前、前で競馬した方がよかったかも。それに、東京の方が合っている馬だよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る