• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【高松宮記念】先々週の極悪馬場から激変ビッグアーサー1分6秒7の価値

Bコースでレコード続出の怪

 ここまで激変すると思った人はいないだろう。高松宮記念が行われた中京の芝のことである。

 3日間競馬の先々週、ジョッキーからは異口同音に「タフな馬場で内も外も荒れている」との声が上がっていた。それがAコースからBコースに替わったということを加味しても、変化しすぎである。

 これまで中京千二のレコードは1分8秒0。あのロードカナロアが高松宮記念を勝った時でさえ1分8秒1だ。そう、過去に1分7秒台で走った馬は1頭もいなかったのだ。

 それが土曜10Rの一千万クラスで1分7秒4。さらに日曜は7Rの五百万クラスで1分7秒3と連続でレコード更新。見ている側としては「この馬場はナニ?」だ。馬場造園課の“公式見解”では「芝を刈ったこととコース替わりで時計が出るようになったんでしょう」だが、ジョッキー側からは「乗っている方としてはローラーでも掛けたのかと思うほど。とにかく硬い。これまでと全然違う」の話も聞かれた。

 これだけの高速馬場になると、よほどじゃなければ差し、追い込み勢は勝負にならない。もちろん、GⅠは前売り対象レース。土曜の朝などに以前の馬場をイメージして楽しみに馬券を買ったファンはたまったもんじゃない。結果的に不信感を招くことになったのではないか。

 ともあれ、そんな高速馬場を生かし切ったのが勝ったビッグアーサーである。昨年10月のオープン特別Vが京都千二でタイレコード。メンバー最速の1分6秒7の持ち時計があった馬で、スピード競馬はドンと来いのタイプだった。さらに福永もスタートを決めて、ハナ争いをしていた3頭を見る4番手は馬場を思えばまさに“ベストポジション”。負けようがない競馬だった。

 1分6秒7は土日で3度目のレコードだけに価値大とは言い切れないものの、昨秋は賞金不足でスプリンターズSに出走することさえかなわなかった馬が、初重賞V=GⅠ勝ち。堂々たるレースで短距離界を制圧した。

 馬場がマッチしたとはいえ、前途洋々であることは間違いない。

美浦の調教師も〝寝耳に水〟だった

 中京がこんな速い馬場になることは関係者でも“寝耳に水”だった。

 スノードラゴンは「時計がかかる良馬場がいいタイプ」(飯島記者)だが、高木師は「何なんですか、あの馬場は。きのう(土曜)といい、きょうといい、時計が速すぎますよ。例年なら時計がかかって、スノードラゴン向きの馬場だったのに……」と憤慨。また、サクラゴスペルの尾関師も「土曜の特別戦(岡崎特別)であんなに速い時計が出るとは……」。激変した芝に“お手上げ”といった感じだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る