【高松宮記念】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ビッグアーサー(福永騎手) いい時に乗せてもらいました。どんな競馬もできるタイプ。深く考えなくていい馬場だったので、スタートだけ気をつけていました。外のローレルがめちゃくちゃ速く、それにハクサンもついていった。4番手のポケットで、外からのプレッシャーもなく自由に進路を取れた。何もすることなかったです。まだ伸びシロもある。大きな期待をしていい馬。日本の短距離界を背負っていけますよ。

②着ミッキーアイル(松山騎手) 千二のGⅠで周りが速かったですね。ただ、掛かることはなくリズム良く運べて、自分の競馬はできました。誤算は4角で逃げた馬が外に出てきたこと。馬は頑張ってくれました。

③着アルビアーノ(ルメール騎手) 4コーナーをうまく回れなかった。バランスを取るまでに時間がかかったね。ただ、直線で立て直してからは反応が良かったし、いい脚を使った。スプリンター向きの強い体をしているので、あとは経験が必要かな。

④着アクティブミノル(藤岡康騎手) 思ったよりゲートを出なかったので前を見ながら。外に出したら、いい脚を使った。こういう形でレースができたのは収穫だし、幅も広がりましたね。具合の良さが実戦に結びついてくれたのでは。

⑤着エイシンブルズアイ(石橋騎手) 特殊な馬場だったので、位置を取りにいこうと思ったんだけどねえ。もう少し前で運べれば、遜色なかったと思うな。それでも、しっかり脚を使ってくれたし、今は馬がすごく充実してるよ。

⑨着ウリウリ(戸崎騎手) 内に入ることができずに、外を回ってダラダラと脚を使わされてしまいました。時計も速かったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る