【高松宮記念】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ビッグアーサー(福永騎手) いい時に乗せてもらいました。どんな競馬もできるタイプ。深く考えなくていい馬場だったので、スタートだけ気をつけていました。外のローレルがめちゃくちゃ速く、それにハクサンもついていった。4番手のポケットで、外からのプレッシャーもなく自由に進路を取れた。何もすることなかったです。まだ伸びシロもある。大きな期待をしていい馬。日本の短距離界を背負っていけますよ。

②着ミッキーアイル(松山騎手) 千二のGⅠで周りが速かったですね。ただ、掛かることはなくリズム良く運べて、自分の競馬はできました。誤算は4角で逃げた馬が外に出てきたこと。馬は頑張ってくれました。

③着アルビアーノ(ルメール騎手) 4コーナーをうまく回れなかった。バランスを取るまでに時間がかかったね。ただ、直線で立て直してからは反応が良かったし、いい脚を使った。スプリンター向きの強い体をしているので、あとは経験が必要かな。

④着アクティブミノル(藤岡康騎手) 思ったよりゲートを出なかったので前を見ながら。外に出したら、いい脚を使った。こういう形でレースができたのは収穫だし、幅も広がりましたね。具合の良さが実戦に結びついてくれたのでは。

⑤着エイシンブルズアイ(石橋騎手) 特殊な馬場だったので、位置を取りにいこうと思ったんだけどねえ。もう少し前で運べれば、遜色なかったと思うな。それでも、しっかり脚を使ってくれたし、今は馬がすごく充実してるよ。

⑨着ウリウリ(戸崎騎手) 内に入ることができずに、外を回ってダラダラと脚を使わされてしまいました。時計も速かったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る