• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マーチS】レース後の談話

①着ショウナンアポロン(松岡騎手) 久々に乗ったんですが、返し馬で“力をつけたな”って感じましたね。他に行く馬もいなかったし、「スローで逃げてくれ」との調教師の指示通りに乗れました。うまくいきましたよ。

②着バスタータイプ(内田騎手) コンスタントに使ってきていて、毎度目いっぱい走ってたからね。疲れもたまってる状況を考えれば、よく頑張ったと思う。きょうはうまく折り合いがついたのも収穫だったよ。この後は休ませるとのこと。リフレッシュすればもっと走れるんじゃないかな。

③着ドコフクカゼ(石川騎手) ペースが遅かったですからね。結果的には位置取りが後ろすぎました。長くいい脚が使えるタイプなんで、もっと自分から動いていけばよかったかもしれません。

④着イッシンドウタイ(田辺騎手) それなりに頑張ってますが、スローの上がり勝負はこの馬には厳しい流れ。うまく噛み合わなかったですね。

⑤着クリノスターオー(三浦騎手) この馬の競馬はできたけど、もっと軽い馬場が合ってますね。それに広いコースの方が気持ちが途切れないで走れると思います。それでもラストは差し返すところを見せてくれたし、きょうは地力で頑張ってくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る