• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラニUAEダービー勝利で5、6月の武豊は大忙し

 史上最多の10頭が参戦した今年のドバイミーティング。“大将”ドゥラメンテが落鉄の影響で②着に負けたのは残念だったが、日本馬は2勝をマーク。リアルスティールはドバイターフで初のGⅠ勝ちを飾った。

 ただ、最も驚きだったのはラニが勝ったGⅡUAEダービーだったのではないか。

 ダート千九百メートルのこのレース。過去に日本馬は10頭が挑戦して06年フラムドパシオン、15年ゴールデンバローズの③着が最高。とはいえ、どちらも勝ち馬から1秒以上離された完敗だったからだ。

 今年は7頭立ての少頭数でも、現地ドバイの4戦無敗の牝馬ポーラーリバーを下したのだから、価値大の勝利である。

 これで生産者であるノースヒルズ代表の前田幸治氏はラニのケンタッキーダービー挑戦を明言。その結果次第では米3冠フル参戦も考えられる。

 Kダービーは5月7日で、2冠目プリークネスSは21日、最終戦ベルモントSは6月11日。もちろん、使うとなれば武豊は全て乗りにいくに違いない。

 ドバイ、米国のみならず、今年はエイシンヒカリが5月24日の仏GⅠイスパーン賞(芝千八)から、6月15日の英GⅠプリンスオブウェールズS(芝二千)への遠征計画が明らかになっている。

 まさに5月、6月のユタカは日本と欧米を行ったり来たり。JRAのジョッキーになったM・デムーロ、ルメール以上に“ムチ1本”で世界を股にかけることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る