ラニUAEダービー勝利で5、6月の武豊は大忙し

公開日:  更新日:

 史上最多の10頭が参戦した今年のドバイミーティング。“大将”ドゥラメンテが落鉄の影響で②着に負けたのは残念だったが、日本馬は2勝をマーク。リアルスティールはドバイターフで初のGⅠ勝ちを飾った。

 ただ、最も驚きだったのはラニが勝ったGⅡUAEダービーだったのではないか。

 ダート千九百メートルのこのレース。過去に日本馬は10頭が挑戦して06年フラムドパシオン、15年ゴールデンバローズの③着が最高。とはいえ、どちらも勝ち馬から1秒以上離された完敗だったからだ。

 今年は7頭立ての少頭数でも、現地ドバイの4戦無敗の牝馬ポーラーリバーを下したのだから、価値大の勝利である。

 これで生産者であるノースヒルズ代表の前田幸治氏はラニのケンタッキーダービー挑戦を明言。その結果次第では米3冠フル参戦も考えられる。

 Kダービーは5月7日で、2冠目プリークネスSは21日、最終戦ベルモントSは6月11日。もちろん、使うとなれば武豊は全て乗りにいくに違いない。

 ドバイ、米国のみならず、今年はエイシンヒカリが5月24日の仏GⅠイスパーン賞(芝千八)から、6月15日の英GⅠプリンスオブウェールズS(芝二千)への遠征計画が明らかになっている。

 まさに5月、6月のユタカは日本と欧米を行ったり来たり。JRAのジョッキーになったM・デムーロ、ルメール以上に“ムチ1本”で世界を股にかけることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る