ラニUAEダービー勝利で5、6月の武豊は大忙し

公開日:  更新日:

 史上最多の10頭が参戦した今年のドバイミーティング。“大将”ドゥラメンテが落鉄の影響で②着に負けたのは残念だったが、日本馬は2勝をマーク。リアルスティールはドバイターフで初のGⅠ勝ちを飾った。

 ただ、最も驚きだったのはラニが勝ったGⅡUAEダービーだったのではないか。

 ダート千九百メートルのこのレース。過去に日本馬は10頭が挑戦して06年フラムドパシオン、15年ゴールデンバローズの③着が最高。とはいえ、どちらも勝ち馬から1秒以上離された完敗だったからだ。

 今年は7頭立ての少頭数でも、現地ドバイの4戦無敗の牝馬ポーラーリバーを下したのだから、価値大の勝利である。

 これで生産者であるノースヒルズ代表の前田幸治氏はラニのケンタッキーダービー挑戦を明言。その結果次第では米3冠フル参戦も考えられる。

 Kダービーは5月7日で、2冠目プリークネスSは21日、最終戦ベルモントSは6月11日。もちろん、使うとなれば武豊は全て乗りにいくに違いない。

 ドバイ、米国のみならず、今年はエイシンヒカリが5月24日の仏GⅠイスパーン賞(芝千八)から、6月15日の英GⅠプリンスオブウェールズS(芝二千)への遠征計画が明らかになっている。

 まさに5月、6月のユタカは日本と欧米を行ったり来たり。JRAのジョッキーになったM・デムーロ、ルメール以上に“ムチ1本”で世界を股にかけることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る