【大阪杯】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着アンビシャス(横山典騎手) いつも通りにリズム重視で。難しい馬と言われるけど、僕もここまでいろいろな馬で経験してきてるから。ゴールドシップよりは楽(笑い)。まだヨタヨタしてるところはあるけど、もう少しパンとしてくれば今後が楽しみになるし、大きなところで活躍できる馬になると思う。

音無調教師 前での競馬は鞍上がそうしたいと。結果も見ての通りで、後ろからだと届いてなかったからね。今後についてはオーナーと相談してからだが、大目標は秋の天皇賞。今のところ宝塚記念の線は薄いと思う。

②着キタサンブラック(武豊騎手) 歌いたかったー。せっかく練習したのに(笑い)。思い通りの競馬はできたけど、2番手にアンビシャスがいるとはねえ。最後は斤量差もあるし、それを考えれば力は示してるし、調教よりも競馬の方がさらに良かった。

③着ショウナンパンドラ(池添騎手) 次がマイル戦(ヴィクトリアM)なので意識してゲートを出してポジションを取りに。4角で自分から動いて射程圏に取りつけたし、直線は“つかまえられる”と思ったんですけどね。最後は同じ脚になってしまいました。

④着ラブリーデイ(M・デムーロ騎手) 最悪の競馬でした。ペースがスローで道中は引っ張って引っ張ってでメチャ厳しかった。直線は伸びているけど、勝負どころから狭くなって最後もスペースがなかった。

⑤着イスラボニータ(蛯名騎手) 復調しつつあるよ。休み明けで動けないのは、古馬になって良化がスローなところがあるからじゃないかな。きょうはもう少し前が速くなってくれれば良かったんだけどね。

⑥着ヌーヴォレコルト(岩田騎手) 正攻法の競馬をしました。

⑨着タッチングスピーチ(福永騎手) 前で競馬をと思ってたし、スタートも上手に出たから行こうとしたが、行けなかった。スローで早めに仕掛けたけど、その時もついていけずで……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る