【ダービー卿チャレンジT】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着マジックタイム(シュタルケ騎手) 普段は54キロ以上での騎乗なんで、53キロと聞いた時は、“乗れるかな”と思ったんだけど、頑張った甲斐があったよ。過去のレースを何度も見て、中盤よりも前の6、7番手につけようと考えていた。直線で内がぽっかりあいてたのでそこを突いた。荒れていたけど、最後までしっかり伸びてくれた。

②着ロゴタイプ(田辺騎手) 前走と違ってペースが緩かったんで脚がたまりました。たたいて状態も良くなったのも大きかったですね。58キロがどうかと思ってたけど、よく頑張ってくれました。

③着サトノアラジン(ルメール騎手) 久々で少し太かったね。それに4角では馬場が軟らかかったせいか反応がもうひとつ。それでもラストは伸びていたし、たたいた次はいい勝負できるはず。

④着ダイワリベラル(三浦騎手) 外枠で馬場のいいところを運べましたが、距離ロスもありました。それを考えればよく頑張ってます。勝ち切るには内でロスなく、の方が良かったのかな。

⑤着サンライズメジャー(柴山騎手) 楽に番手に付けて人気馬を見ながら。この流れならもう少し頑張ってほしかったですが、前に壁がなくても折り合っていたし、最後も止まってはいません。内容は良かったですよ。

⑥着ダッシングブレイズ(戸崎騎手) スタートでつまずいて後方からに。道中はリズム良くは走れたんですけどね。位置取りの差が出てしまった感じです。

⑧着キャンベルジュニア(川田騎手) ゲートを出てから何も来なかったんでハナへ。折り合いも我慢できてましたよ。これだけのメンバーと走るのは初めて。これがいい経験になると思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る