社台ファームにとって大きな大きな2㌢差

公開日:  更新日:

 ジュエラーの勝利は大牧場のピンチを救った。

 この馬の生まれ故郷は北海道千歳の社台ファーム。言わずと知れた名門牧場で、86年にはダイナガリバーでダービーに優勝し、以降、数え切れないほどのGⅠ馬を輩出していた。

 ところが、近年はノーザンファームが不動の首位の座に。完全に立場が逆転している。

 ノーザンファームは94年に社台ファームを分割する形で誕生。社台ファーム代表である吉田照哉氏の弟の勝己氏が拡大戦略で成長を遂げ、今では1強と言える存在にまで上り詰めた。ディープインパクトやキングカメハメハで大成功を収め、04年以降は13年を除き、年間GⅠ5勝以上。昨年はなんと9勝もしていた。

 一方、社台ファームは07年こそGⅠ8勝だったが、ここにきて成績が下降。特にビッグレースとは縁が薄くなり、平地GⅠ勝ちは一昨年、スピルバーグでの天皇賞・秋が最後。昨年は未勝利に終わり、92年から続いていた連続勝利記録は23年でストップしていたのだ。

 それだけにこの2センチは大きな1勝だ。シンハライトがライバルのノーザンファーム生産馬だけになおさらである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る