【桜花賞】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ジュエラー(M・デムーロ騎手) スタートは悪くなかったけど、周りが出て行ったのでゆっくり運ぼうと。この馬の瞬発力なら直線は必ず伸びると信じてたからね。メジャーは強いし、謙ちゃんの馬(シンハライト)も怖かったけど、最後はよくかわしてくれた。桜花賞は取りたかったGⅠでホントにうれしい。賢い馬で距離が延びても大丈夫。次も頑張ります。

(藤岡調教師) 厩舎ゆかりの血統でGⅠを勝てて、ものすごくうれしい。オークス? 素晴らしい馬体に素晴らしい末脚を持ってる馬。当初から長い距離にも対応できると思ってたし、今後は名牝の道を歩めるように頑張っていきたい。

②着シンハライト(池添騎手) 少し出して位置を取りにいったけど、馬の後ろでしっかりと我慢してくれた。流れにも乗れたし、理想的な形でレースは運べたと思う。誤算だったのは早めに抜け出して先頭に立ってしまったこと。そこだけ。この着差だけに悔しい。

③着アットザシーサイド(福永騎手) シンハライトの位置を狙っていたんだけど、先に主張されたのであそこから。途中で目標をメジャーからシンハに切り替えていいタイミングで行けたと思ったんだけどね。引っ掛かる馬じゃないし、二千四百メートルもこなせると思う。まだ完成途上でこれから良くなると思うし、オークスが楽しみ。

④着メジャーエンブレム(ルメール騎手) きょうはスタートがあまり速くなくて、4~5番手からの競馬になりました。最後、スペースがあいてから少し脚を使ってくれましたが……。この馬はワンペースの脚しか使えないし、少し馬場も軟らかすぎた。

⑤着アドマイヤリード(藤岡康騎手) 先生からはリズム重視で、しまいを生かしてくれと。その通りの競馬ができたし、追ってからはホントに素晴らしい脚を使ってくれました。ええ、能力は見せてくれましたね。

⑥着ラベンダーヴァレイ(戸崎騎手) スタートも決まったし、いい位置につけられたけど、外から来られてハミが抜けるまでにちょっと時間がかかってしまいました。レースが上手な馬だし、これから力をつけてくれば楽しみですよ。

⑦着レッドアヴァンセ(武豊騎手) ゲートはいつもより出てくれて、道中の感じも悪くなかった。でも、最後は少し止まったからね。切れはあるけど、もう少し体力が必要かな。

⑰着ソルヴェイグ(蛯名騎手) いい感じで折り合いをつけていけたんだけどねえ。最後は押し込められて、1回も追えなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る