【皐月賞】ディーマジェスティ驚異のレコードV蛯名悲願のダービーに王手

公開日:  更新日:

3強蹴散らした

 春の嵐をモノともしない快走だ。GⅠ皐月賞は8番人気ディーマジェスティが1冠目を制した。

 戦前は“3強”といわれていたが、サトノダイヤモンドは③着、リオンディーズが4位→⑤着降着、マカヒキも②着と3強を抑えて、直線で力強く突き抜けたのがディーマジェスティ。

 きのうの中山は朝から強風が吹き荒れ、昼過ぎには強い雨が降り、レース時には晴れ間がのぞいたものの、発表は良でも少し柔らかい馬場。前半5F58秒4のハイペースに引っ張られたのもあるが、勝ち時計は二千メートル1分57秒9と驚異のレースレコードだった。

 今年は重賞で好タイム連発のハイレベル世代。皐月賞も地力の問われる展開となり、それを制したのだから、この勝利は本物と言っていい。

 しかも、これまで②着2回が最高だったディープ産駒として初の皐月賞勝利。また、不利といわれた大外18番枠をはねのけての栄冠なのだから、2冠に向けて大きく前進したといえる。

「次が大一番」

「次が大一番なので」と口元を引き締めたのはデビュー30年目の蛯名。5週間後のダービーを早くも見据えている。

 鞍上の蛯名はこれまでダービーに23回挑戦して〈02120〉。JRA通算2422勝、GⅠ25勝の大ベテランも“ダービージョッキー”の称号はまだなし。特に12年のフェノーメノではディープブリランテの鼻差②着で涙をのんでいる。

 管理する二ノ宮調教師もダービーで98年ダイワスペリアーが③着、09年ナカヤマフェスタと11年ナカヤマナイトがともに④着止まり。両者にとっても次は“悲願のダービー”となる。

 3強の巻き返しがあるのか、それとも2冠達成があるのか。今から次の決戦が待ち遠しくなるほど好レースだったのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る