【皐月賞】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ディーマジェスティ(蛯名騎手) 全てがうまくいったね。こういう展開が一番チャンスと思っていた通りになったから。前が飛ばしてくれたおかげで、リラックスして最後まで我慢の利いた走り。坂を万全の感じで上がってきて、突き抜けてくれたよ。お利口さんで操縦性が高い。平常心でいてくれるから、ボクも助けられてる。東京の方がいいと思っているので、次も楽しみだよ。

②着マカヒキ(川田騎手) スタートを出てくれたし、流れも考えていた通りなのであの位置から。4コーナーでは勝ち馬の後ろにいて、予定通り3強は捕まえられたんですが、ディーマジェスティが伸び続けて……。ダービーで逆転を狙います。

③着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 4角では手応え十分だったけど、坂を上がってから甘くなってしまったね。そのあたりは久々の分だったのかも。でも、次のダービーではトップコンディションだと思うんで。

④着エアスピネル(武豊騎手) 陣営が工夫してくれたおかげで前走時よりも落ち着いていたし、デキも良かったよ。レースも思い通りの運びだったんだけどね。最後の不利? ちょうど勢いがついたところだっただけに痛かったよ。

4位入線→⑤着降着リオンディーズ(M・デムーロ騎手) きょうのレースを見ていて後ろからでは届かないと思っていたから、テンに出して行った。その分、掛かってしまったね。前半5F58秒台と速かったんで……。最後まで頑張ってくれたけど。

⑥着マウントロブソン(T・ベリー騎手) 距離は問題なかったし、ラストまで頑張ってはいたよ。ただ、向正面で少し行きたがるところがあったね。まだ若さが残っている馬だし、これから成長すれば楽しみだよ。

⑦着ナムラシングン(田辺騎手) 有力馬が前で運んでましたからね。決め手勝負では分が悪いとみて、早めに動いて行きました。でも、力のあるところは見せてくれたと思います。

⑧着ロードクエスト(池添騎手) 調教師、オーナーと話し合ってインを狙うと決めていたんです。テンに出して中団の位置を取りに行った分、道中はハミを噛んでいましたね。そのせいか、うまくさばけた割には伸びがもうひとつでした。この馬はラストにかける競馬をした方がいいのかも。

⑨着アドマイヤダイオウ(福永騎手) レース運びは完璧だったけど、勝負どころで手応えがなくなったね。現状では高速決着に対応できなかった感じ。残念です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る