【皐月賞】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ディーマジェスティ(蛯名騎手) 全てがうまくいったね。こういう展開が一番チャンスと思っていた通りになったから。前が飛ばしてくれたおかげで、リラックスして最後まで我慢の利いた走り。坂を万全の感じで上がってきて、突き抜けてくれたよ。お利口さんで操縦性が高い。平常心でいてくれるから、ボクも助けられてる。東京の方がいいと思っているので、次も楽しみだよ。

②着マカヒキ(川田騎手) スタートを出てくれたし、流れも考えていた通りなのであの位置から。4コーナーでは勝ち馬の後ろにいて、予定通り3強は捕まえられたんですが、ディーマジェスティが伸び続けて……。ダービーで逆転を狙います。

③着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 4角では手応え十分だったけど、坂を上がってから甘くなってしまったね。そのあたりは久々の分だったのかも。でも、次のダービーではトップコンディションだと思うんで。

④着エアスピネル(武豊騎手) 陣営が工夫してくれたおかげで前走時よりも落ち着いていたし、デキも良かったよ。レースも思い通りの運びだったんだけどね。最後の不利? ちょうど勢いがついたところだっただけに痛かったよ。

4位入線→⑤着降着リオンディーズ(M・デムーロ騎手) きょうのレースを見ていて後ろからでは届かないと思っていたから、テンに出して行った。その分、掛かってしまったね。前半5F58秒台と速かったんで……。最後まで頑張ってくれたけど。

⑥着マウントロブソン(T・ベリー騎手) 距離は問題なかったし、ラストまで頑張ってはいたよ。ただ、向正面で少し行きたがるところがあったね。まだ若さが残っている馬だし、これから成長すれば楽しみだよ。

⑦着ナムラシングン(田辺騎手) 有力馬が前で運んでましたからね。決め手勝負では分が悪いとみて、早めに動いて行きました。でも、力のあるところは見せてくれたと思います。

⑧着ロードクエスト(池添騎手) 調教師、オーナーと話し合ってインを狙うと決めていたんです。テンに出して中団の位置を取りに行った分、道中はハミを噛んでいましたね。そのせいか、うまくさばけた割には伸びがもうひとつでした。この馬はラストにかける競馬をした方がいいのかも。

⑨着アドマイヤダイオウ(福永騎手) レース運びは完璧だったけど、勝負どころで手応えがなくなったね。現状では高速決着に対応できなかった感じ。残念です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る