• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年もやっちゃったM・デムーロ降着で2週間の騎乗停止

TBSも頭を抱えた

 果たして相性がいいのか、悪いのか……。M・デムーロと皐月賞だ。

 初めて騎乗した02年に8番人気タイガーカフェで②着し、03年ネオユニヴァース、04年ダイワメジャーで連覇。近年も13年ロゴタイプで優勝し、昨年はテン乗りのドゥラメンテで驚異的な末脚を引き出し、4勝目を飾っている。昨年までの皐月賞成績はナント、〈4102〉だ。

 しかし、昨年は勝ったとはいえ、ドゥラメンテが4コーナーで急激に外側に斜行。3頭の進路を妨害し、9日間(開催2週間)の騎乗停止処分を食らっている。

 そして今年。リオンディーズが最後の直線で外に行き、エアスピネルの走行を妨害したと見なされ、4位入線→⑤着降着に。またしても2週間の“お休み”になってしまった。

 これで天皇賞・春のサウンズオブアースほか、数多くの有力馬に乗れなくなり、厩舎や馬主などの関係者は頭が痛いところだが、それとは別に頭を抱えていたところがある。TBSである。

 日曜夜に放送されている「情熱大陸」。きのうは「JRA初の所属外国人ジョッキーとなった男の日本愛」と題し、デムーロが取り上げられた。皐月賞の舞台裏までを追う――と予告されていたが、ジョッキーにとっては⑤着という着順以上に結果は最悪のものに。1週前なら鮮やかな桜の下でのGⅠ勝ちだったのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る