桜花賞に続いて人気を裏切ったルメール・サトノの巻き返しはあるか

公開日:  更新日:

 またまたファンの期待を裏切ったのがルメールだ。

 桜花賞は単勝1・5倍のメジャーエンブレムで④着。そして皐月賞でも2・7倍のサトノダイヤモンドで③着。2週連続でクラシックの1番人気に騎乗しながら、勝ち星どころか連対にさえ至らなかった。若手ジョッキーならいざ知らず、ルメールが人気で緊張しすぎるわけではないだろうが、実は勝ちまくっているイメージとは裏腹に、GⅠでの成績は上がっていない。

 これまでのGⅠ6勝で1番人気は2頭だけ。3番人気が1頭。あとの3勝は全て4番人気だ。

 ちなみに、1~3番人気のGⅠ成績は〈35615〉、勝率・103、連対率・276。対して、M・デムーロは〈103214〉で勝率・345、連対率・448。GⅠの人気馬ではライバルに大きく劣っている。

 別掲のように、M・デムーロが昨年同様に騎乗停止を食らったが、ルメールもどこか似ている。昨年も1番人気、それも“サトノ”の冠名のクラウンで⑥着。次のダービーでは3番人気で③着が精いっぱいだった。

 今年のサトノダイヤモンドがきさらぎ賞から直行したのは、ダービーを見据えて池江師がローテーションに余裕を持たせていたため。果たして、その思いに応えて昨年の雪辱はなるか。そして、思うほど結果が出ていないGⅠの人気馬で巻き返せるのか――。ダービーは名手の手綱さばきに再度、注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る