桜花賞に続いて人気を裏切ったルメール・サトノの巻き返しはあるか

公開日:  更新日:

 またまたファンの期待を裏切ったのがルメールだ。

 桜花賞は単勝1・5倍のメジャーエンブレムで④着。そして皐月賞でも2・7倍のサトノダイヤモンドで③着。2週連続でクラシックの1番人気に騎乗しながら、勝ち星どころか連対にさえ至らなかった。若手ジョッキーならいざ知らず、ルメールが人気で緊張しすぎるわけではないだろうが、実は勝ちまくっているイメージとは裏腹に、GⅠでの成績は上がっていない。

 これまでのGⅠ6勝で1番人気は2頭だけ。3番人気が1頭。あとの3勝は全て4番人気だ。

 ちなみに、1~3番人気のGⅠ成績は〈35615〉、勝率・103、連対率・276。対して、M・デムーロは〈103214〉で勝率・345、連対率・448。GⅠの人気馬ではライバルに大きく劣っている。

 別掲のように、M・デムーロが昨年同様に騎乗停止を食らったが、ルメールもどこか似ている。昨年も1番人気、それも“サトノ”の冠名のクラウンで⑥着。次のダービーでは3番人気で③着が精いっぱいだった。

 今年のサトノダイヤモンドがきさらぎ賞から直行したのは、ダービーを見据えて池江師がローテーションに余裕を持たせていたため。果たして、その思いに応えて昨年の雪辱はなるか。そして、思うほど結果が出ていないGⅠの人気馬で巻き返せるのか――。ダービーは名手の手綱さばきに再度、注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る