【マイラーズC】クルーガー勝利の裏に高野師2つの英断

公開日:  更新日:

「前走時、ここの選択肢は頭になかった」

 京都で行われたGⅡマイラーズCを勝ったのはクルーガー。6月に行われるGⅠ安田記念へ向けての優先出走権を獲得した。

 この勝利の裏には陣営の“2つの英断”があった。

 クルーガーは昨夏、札幌の一千万特別で④着に敗れている。当時、陣営は一生に一度しかない菊花賞への出走を狙っていたが、この敗戦もあって思い切って休養させた。これが「背中や腰の成長につながった」とは高野師だ。

 その1度目の英断が功を奏して、昨秋に戦列復帰して③着の後、一千万→準オープンと2連勝。思惑通りに結果を出せるようになった。

 2走前には二千メートルのGⅢ中日新聞杯へ出走。しかし、2番人気の支持を得ていたものの、出遅れて大外ブン回しの競馬で差し届かず⑥着に終わった。もし、この中日新聞杯で勝っていれば4歳馬にとってネックになる賞金面もクリア。そのまま中距離路線を歩んでいた可能性が高かったが、賞金加算はならず。ここで2度目の英断がデビュー以来、初のマイル戦をチョイスしたことである。

 それも「距離を短くすれば切れそうなイメージがあった」(高野師)からこそだが、いきなりGⅡ制覇という形で結果を出したのだから驚きだ。

 負かした相手も②着がマイルGⅠ馬ダノンシャーク、③着は重賞6勝馬クラレント、そして④着がいつGⅠに手が届いてもいいフィエロ。勝ち時計は昨年と全く同じ1分32秒6だが、今年は週中、そして土曜夜にも雨があって馬場差があったことを思えば、“新星誕生”は決して大げさな表現ではない。

 もちろんこの路線にはモーリスという怪物がいる。それでも「まだ緩いところがあって、伸びシロがあるし、大箱(東京)の方が向くはず」と師。本番では大物狩りまで期待できるかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る