• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マイラーズC】クルーガー勝利の裏に高野師2つの英断

「前走時、ここの選択肢は頭になかった」

 京都で行われたGⅡマイラーズCを勝ったのはクルーガー。6月に行われるGⅠ安田記念へ向けての優先出走権を獲得した。

 この勝利の裏には陣営の“2つの英断”があった。

 クルーガーは昨夏、札幌の一千万特別で④着に敗れている。当時、陣営は一生に一度しかない菊花賞への出走を狙っていたが、この敗戦もあって思い切って休養させた。これが「背中や腰の成長につながった」とは高野師だ。

 その1度目の英断が功を奏して、昨秋に戦列復帰して③着の後、一千万→準オープンと2連勝。思惑通りに結果を出せるようになった。

 2走前には二千メートルのGⅢ中日新聞杯へ出走。しかし、2番人気の支持を得ていたものの、出遅れて大外ブン回しの競馬で差し届かず⑥着に終わった。もし、この中日新聞杯で勝っていれば4歳馬にとってネックになる賞金面もクリア。そのまま中距離路線を歩んでいた可能性が高かったが、賞金加算はならず。ここで2度目の英断がデビュー以来、初のマイル戦をチョイスしたことである。

 それも「距離を短くすれば切れそうなイメージがあった」(高野師)からこそだが、いきなりGⅡ制覇という形で結果を出したのだから驚きだ。

 負かした相手も②着がマイルGⅠ馬ダノンシャーク、③着は重賞6勝馬クラレント、そして④着がいつGⅠに手が届いてもいいフィエロ。勝ち時計は昨年と全く同じ1分32秒6だが、今年は週中、そして土曜夜にも雨があって馬場差があったことを思えば、“新星誕生”は決して大げさな表現ではない。

 もちろんこの路線にはモーリスという怪物がいる。それでも「まだ緩いところがあって、伸びシロがあるし、大箱(東京)の方が向くはず」と師。本番では大物狩りまで期待できるかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る