【マイラーズC】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着クルーガー(松山騎手) 開幕週だけにいいポジションにつけたかったんですが、思ったよりスタートをうまく決められなくて。馬の力を信じてインでジッと。いい枠だったのも大きかったですね。最後までいい脚を使ってくれた。切れましたね。

高野調教師 前走時にオーナーサイド、ボクもここの選択肢は頭になかったんです(苦笑い)。負けたことで「思い切っていきましょう」と。距離を短くすれば切れるイメージはありました。初めてのマイルも2番枠、馬の能力で勝ってくれました。(本番の)大箱コースの方が向いている印象はありますよ。

②着ダノンシャーク(福永騎手) スタートを決めていい位置へ。思ったところで、いい感じにレースはできて、よく頑張ってくれました。ただ、前に1頭いたのが……。

③着クラレント(小牧騎手) あのまま行けたら楽に勝ってたかもな。ただ、直線で内へもたれたからステッキを持ち替えたら、今度は外へ行ってフワッとした。この感じからもう少しじっくり乗ってもいいかも。

④着フィエロ(鮫島良騎手) すいません。もう少し流れてほしかったですね。きょうは位置取りの差が全てです。

⑤着アルバートドック(幸騎手) いい感じで運べていたんですけど、4角で一瞬、狭くなって引っ張る感じになってしまいました。あれがなければもっといいレースになっていたと思います。

⑥着サンライズメジャー(四位騎手) 外枠だったからハナに行くまで少し出していかないといけなかったし、坂の下りで少し(ハミを)噛んでしまった。もう少し中の枠だったら、スムーズに回ってこれたと思うけど。

⑫着ダノンリバティ(松若騎手) 末脚を生かすレースであの位置から。枠とペースが落ち着いた分ですね。上位は内めから来ていましたから。

⑬着ネオスターダム(池添騎手) スタートを出て馬なりで行けたけど、3角手前で狭くなって他馬と何度かぶつかる感じになってしまって……。結構、きつい競馬になって、直線は余力がなくなていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る