【マイラーズC】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着クルーガー(松山騎手) 開幕週だけにいいポジションにつけたかったんですが、思ったよりスタートをうまく決められなくて。馬の力を信じてインでジッと。いい枠だったのも大きかったですね。最後までいい脚を使ってくれた。切れましたね。

高野調教師 前走時にオーナーサイド、ボクもここの選択肢は頭になかったんです(苦笑い)。負けたことで「思い切っていきましょう」と。距離を短くすれば切れるイメージはありました。初めてのマイルも2番枠、馬の能力で勝ってくれました。(本番の)大箱コースの方が向いている印象はありますよ。

②着ダノンシャーク(福永騎手) スタートを決めていい位置へ。思ったところで、いい感じにレースはできて、よく頑張ってくれました。ただ、前に1頭いたのが……。

③着クラレント(小牧騎手) あのまま行けたら楽に勝ってたかもな。ただ、直線で内へもたれたからステッキを持ち替えたら、今度は外へ行ってフワッとした。この感じからもう少しじっくり乗ってもいいかも。

④着フィエロ(鮫島良騎手) すいません。もう少し流れてほしかったですね。きょうは位置取りの差が全てです。

⑤着アルバートドック(幸騎手) いい感じで運べていたんですけど、4角で一瞬、狭くなって引っ張る感じになってしまいました。あれがなければもっといいレースになっていたと思います。

⑥着サンライズメジャー(四位騎手) 外枠だったからハナに行くまで少し出していかないといけなかったし、坂の下りで少し(ハミを)噛んでしまった。もう少し中の枠だったら、スムーズに回ってこれたと思うけど。

⑫着ダノンリバティ(松若騎手) 末脚を生かすレースであの位置から。枠とペースが落ち着いた分ですね。上位は内めから来ていましたから。

⑬着ネオスターダム(池添騎手) スタートを出て馬なりで行けたけど、3角手前で狭くなって他馬と何度かぶつかる感じになってしまって……。結構、きつい競馬になって、直線は余力がなくなていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る