【マイラーズC】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着クルーガー(松山騎手) 開幕週だけにいいポジションにつけたかったんですが、思ったよりスタートをうまく決められなくて。馬の力を信じてインでジッと。いい枠だったのも大きかったですね。最後までいい脚を使ってくれた。切れましたね。

高野調教師 前走時にオーナーサイド、ボクもここの選択肢は頭になかったんです(苦笑い)。負けたことで「思い切っていきましょう」と。距離を短くすれば切れるイメージはありました。初めてのマイルも2番枠、馬の能力で勝ってくれました。(本番の)大箱コースの方が向いている印象はありますよ。

②着ダノンシャーク(福永騎手) スタートを決めていい位置へ。思ったところで、いい感じにレースはできて、よく頑張ってくれました。ただ、前に1頭いたのが……。

③着クラレント(小牧騎手) あのまま行けたら楽に勝ってたかもな。ただ、直線で内へもたれたからステッキを持ち替えたら、今度は外へ行ってフワッとした。この感じからもう少しじっくり乗ってもいいかも。

④着フィエロ(鮫島良騎手) すいません。もう少し流れてほしかったですね。きょうは位置取りの差が全てです。

⑤着アルバートドック(幸騎手) いい感じで運べていたんですけど、4角で一瞬、狭くなって引っ張る感じになってしまいました。あれがなければもっといいレースになっていたと思います。

⑥着サンライズメジャー(四位騎手) 外枠だったからハナに行くまで少し出していかないといけなかったし、坂の下りで少し(ハミを)噛んでしまった。もう少し中の枠だったら、スムーズに回ってこれたと思うけど。

⑫着ダノンリバティ(松若騎手) 末脚を生かすレースであの位置から。枠とペースが落ち着いた分ですね。上位は内めから来ていましたから。

⑬着ネオスターダム(池添騎手) スタートを出て馬なりで行けたけど、3角手前で狭くなって他馬と何度かぶつかる感じになってしまって……。結構、きつい競馬になって、直線は余力がなくなていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る