• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フローラS】チェッキーノが3連勝で桜花賞組に挑戦状

 今年の3歳はレベルが高いのは数々の重賞で証明されているが、GⅡフローラSでも二千メートル1分59秒7の好時計がマークされた。このレースで2分を切ったのは史上初めてのことだ。

 しかも、勝ったチェッキーノは大外18番枠からの勝利。以前から不利と言われているこの枠から勝ち馬が出たのは平場も含めて13年ぶりのこと。同じ藤沢和厩舎の大先輩であるシンボリクリスエス(03年天皇賞・秋)以来の快挙だった。

 チェッキーノはこれで未勝利→アネモネS→GⅡの3連勝。勢いをつけて、桜花賞組に挑戦状をたたきつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る