• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【香港・クイーンエリザベスⅡ世C】④⑥⑫着、雨に泣かされた日本馬

 香港で行われた国際GⅠクイーンエリザベスⅡ世Cに参戦した日本馬3頭は、なんとも残念な結果となってしまった。

 再先着は昨秋の天皇賞馬ラブリーデイで④着。これに続いたのが⑥着のヌーヴォレコルトで、サトノクラウンは⑫着惨敗に終わった。

 唯一、善戦したのはラブリーデイ。好枠の1番を引き、道中は好位の内と絶好のポジション。直線入り口では先行勢が外側に動き、“ビクトリーロード”ができて、グイグイと伸びて先頭に立った。しかし、直前に雨の降った重い馬場に脚を取られ、最後は息切れに。

 ほかの2頭はヌーヴォが後方からジワジワと脚を伸ばした程度で、サトノに関してはテンにハミを噛んでしまい、直線はズルズル後退と見せ場すらなかった。

 勝ったのはラブリーデイの直後を追走し、同じ“ビクトリーロード”を通って突き抜けた人気薄の香港馬ウェルテル。鞍上は来週から短期免許で来日するボウマンだ。結果的に日本の関係者に対して、最高の名刺代わりとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る