【香港・クイーンエリザベスⅡ世C】④⑥⑫着、雨に泣かされた日本馬

公開日:  更新日:

 香港で行われた国際GⅠクイーンエリザベスⅡ世Cに参戦した日本馬3頭は、なんとも残念な結果となってしまった。

 再先着は昨秋の天皇賞馬ラブリーデイで④着。これに続いたのが⑥着のヌーヴォレコルトで、サトノクラウンは⑫着惨敗に終わった。

 唯一、善戦したのはラブリーデイ。好枠の1番を引き、道中は好位の内と絶好のポジション。直線入り口では先行勢が外側に動き、“ビクトリーロード”ができて、グイグイと伸びて先頭に立った。しかし、直前に雨の降った重い馬場に脚を取られ、最後は息切れに。

 ほかの2頭はヌーヴォが後方からジワジワと脚を伸ばした程度で、サトノに関してはテンにハミを噛んでしまい、直線はズルズル後退と見せ場すらなかった。

 勝ったのはラブリーデイの直後を追走し、同じ“ビクトリーロード”を通って突き抜けた人気薄の香港馬ウェルテル。鞍上は来週から短期免許で来日するボウマンだ。結果的に日本の関係者に対して、最高の名刺代わりとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る