【香港・クイーンエリザベスⅡ世C】④⑥⑫着、雨に泣かされた日本馬

公開日:  更新日:

 香港で行われた国際GⅠクイーンエリザベスⅡ世Cに参戦した日本馬3頭は、なんとも残念な結果となってしまった。

 再先着は昨秋の天皇賞馬ラブリーデイで④着。これに続いたのが⑥着のヌーヴォレコルトで、サトノクラウンは⑫着惨敗に終わった。

 唯一、善戦したのはラブリーデイ。好枠の1番を引き、道中は好位の内と絶好のポジション。直線入り口では先行勢が外側に動き、“ビクトリーロード”ができて、グイグイと伸びて先頭に立った。しかし、直前に雨の降った重い馬場に脚を取られ、最後は息切れに。

 ほかの2頭はヌーヴォが後方からジワジワと脚を伸ばした程度で、サトノに関してはテンにハミを噛んでしまい、直線はズルズル後退と見せ場すらなかった。

 勝ったのはラブリーデイの直後を追走し、同じ“ビクトリーロード”を通って突き抜けた人気薄の香港馬ウェルテル。鞍上は来週から短期免許で来日するボウマンだ。結果的に日本の関係者に対して、最高の名刺代わりとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る