• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【NHKマイルC】普通に走ればやっぱり強い メジャーエンブレム逃げ切り

クラシック組がレベル差を見せつけた

 今年の3歳マイル王はメジャーエンブレム。普通に走ればライバルはいなかった。

 その“普通”ができなかったのが桜花賞。スタートで多少、出負けしたこともあって、控える競馬をチョイス。これが大誤算で断トツ人気を集めながら④着に終わってしまった。

 逆に父ダイワメジャー譲りのスピードの持続力を生かし切ったのが今回だ。ハナに立って刻んだラップは前半3~5Fが34秒3~57秒7。同コースで圧勝だった今年初戦のクイーンCが34秒4~57秒8だから、同じようなラップを刻んだことになる。

 そう、メジャーは涼しい顔で自分の競馬をしただけ。それでも安心して見ることができたのは能力が一枚違ったということだろう。順調に成長していけば今後は古馬相手のマイル路線でも主役を張る可能性も高い。

 一方、今年も明らかになったのが、クラシック本流組とマイル路線のレベル差だ。

 昨年の勝ち馬クラリティスカイ(皐月賞⑤着)もそうだったが、メジャーは桜花賞④着、②着ロードクエストも皐月賞⑧着。ともに1冠目で敗れての転戦だった。

 対して、マイル路線組はアーリントンC勝ちのレインボーライン、ニュージーランドT勝ちダンツプリウス、そしてファルコンSを制していたトウショウドラフタが③~⑤着まで。別路線組にあっさり先着を許してしまった。

 今年は牝馬、牡馬ともにクラシック戦線が例年以上のハイレベル。とはいえ、ここまではっきり結果に出るのだから、マイル路線との力差はかなりある。

 今後も3歳世代の中での比較はもちろん、NHKマイルCのレース傾向としても頭に入れておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る