【NHKマイルC】普通に走ればやっぱり強い メジャーエンブレム逃げ切り

公開日:  更新日:

クラシック組がレベル差を見せつけた

 今年の3歳マイル王はメジャーエンブレム。普通に走ればライバルはいなかった。

 その“普通”ができなかったのが桜花賞。スタートで多少、出負けしたこともあって、控える競馬をチョイス。これが大誤算で断トツ人気を集めながら④着に終わってしまった。

 逆に父ダイワメジャー譲りのスピードの持続力を生かし切ったのが今回だ。ハナに立って刻んだラップは前半3~5Fが34秒3~57秒7。同コースで圧勝だった今年初戦のクイーンCが34秒4~57秒8だから、同じようなラップを刻んだことになる。

 そう、メジャーは涼しい顔で自分の競馬をしただけ。それでも安心して見ることができたのは能力が一枚違ったということだろう。順調に成長していけば今後は古馬相手のマイル路線でも主役を張る可能性も高い。

 一方、今年も明らかになったのが、クラシック本流組とマイル路線のレベル差だ。

 昨年の勝ち馬クラリティスカイ(皐月賞⑤着)もそうだったが、メジャーは桜花賞④着、②着ロードクエストも皐月賞⑧着。ともに1冠目で敗れての転戦だった。

 対して、マイル路線組はアーリントンC勝ちのレインボーライン、ニュージーランドT勝ちダンツプリウス、そしてファルコンSを制していたトウショウドラフタが③~⑤着まで。別路線組にあっさり先着を許してしまった。

 今年は牝馬、牡馬ともにクラシック戦線が例年以上のハイレベル。とはいえ、ここまではっきり結果に出るのだから、マイル路線との力差はかなりある。

 今後も3歳世代の中での比較はもちろん、NHKマイルCのレース傾向としても頭に入れておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る