• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【NHKマイルC】ロードクエスト大外猛追も……

池添またまた〝銀〟

 2番人気のロードクエストは大外から追い込んだが、4分の3馬身差届かず②着まで。マイルに戻って持ち前の爆発力がよみがえったものの、あと一歩届かなかった。

 鞍上・池添は先々週の天皇賞=カレンミロティックに続き、またもや銀メダル。どうも今シーズンは勝ち運に見放されている。

 振り返ると桜花賞ではシンハライトで②着。この時はメジャーエンブレムを封じ込めて先に抜け出したが、ゴール前でジュエラーに鼻差捕まり、わずか2センチの差で涙をのんだ。

 さらに、前記の天皇賞にしても13番人気ながらインをロスなく立ち回る完璧な騎乗。いったんはキタサンブラックの前に出たが、首の上げ下げで敗れた。この時も着差はわずか4センチだ。

 GⅠ21勝と大舞台で勝負強い“持ってる男”だけに、惜敗続きはキャラ違い!? とはいえ、1番人気に騎乗していなくても、きっちり勝ち負けまで持ってくるあたりはさすがといえよう。

 今週のヴィクトリアマイルはショウナンパンドラ、来週のオークスにはシンハライトと有力馬がスタンバイ。鬱憤を晴らすことができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る