【新潟大賞典】コース巧者 パッションダンス重賞3勝目

公開日:  更新日:

 GⅢ新潟大賞典を制したのは10番人気パッションダンス。13年の新潟大賞典、15年の新潟記念に続いて、当地の重賞3勝目を飾った。勝ち時計は1分57秒8。②着に1番人気フルーキー。鼻差③着には8番人気シャイニープリンスが入り、3連単は16万1790円の好配当となった。

 それにしても勝ったパッションダンスは新潟だと“水を得た魚”という言葉がピッタリだ。

 これで重賞3勝を含めて〈4001〉。今回も好位3番手から残り200メートル付近で先頭に立ち、後続に2馬身の差をつける完勝だった。

 ここ2走はダート戦を使って⑩⑯着。ともに6秒以上離される大敗で、人気を落としていた。

 しかし、今回は得意舞台でまさに一変。コース相性の良さを存分に示した結果となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る