【ヴィクトリアマイル】②③着ミッキー、ショウナンは今後へ明るい敗戦

公開日:  更新日:

 1、2番人気のミッキークイーン、ショウナンパンドラにとっては“明るい敗戦”だったのではないか。

 これまで未体験のスピード勝負のマイル戦。適性では勝ち馬に及ばなかったが、ミッキーは4角12番手、ショウナンは14番手からひと追いごとに差し込んで②③着。走破時計は揃って1分31秒9だった。決してベスト舞台と言えない中、1分32秒を切って走破したのに前にストレイトガールがいたのが不運だっただけだ。昨年、この2頭は秋に牝馬の枠を超えてジャパンCに出走。ショウナンが勝利し、ミッキーも⑧着とはいえ0秒3差の競馬。年をひとつ重ねてこの大舞台で一定の結果も出した。

 この2頭は“グランプリ”宝塚記念で早々と再戦の可能性があるかも。ともあれ、負けたとはいえ、ともに今シーズンも十分に期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る