【ヴィクトリアマイル】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着ストレイトガール(戸崎騎手) 強い競馬でしたね。ステッキもいらないぐらいでしたが、GⅠなので、どこから来るのか分からないので、しっかり最後まで追いました。前走は“らしい”競馬ができなかったんですが、たたいて変わってくれましたね。これだけいいパフォーマンスを見せてくれるのだから、頭が下がる思いです。まだまだやれそうですよ。

②着ミッキークイーン(浜中騎手) スタートが決まって勝ち馬の後ろから運べました。直線も追いかけるように伸びてくれましたよ。ただ、勝ち馬はスパーンとはじけてましたね。こっちも頑張っていたけど、ギアチェンジと特性の差で離されてしまった感じでした。

③着ショウナンパンドラ(池添騎手) ゲートを伸び上がるように出たのが痛かったですね。スプリント、マイルあたりだとひとつのロスが大きく響きますから。道中はハミをかけながら少し促しつつ。そんな感じだったから3コーナーでミッキー(クイーン)に前に入られちゃって。で、外へ進路を取りました。最後はいい脚で伸びてくれたんですが、マイル適性の差はありましたね。

④着スマートレイアー(武豊騎手) まさかレッドリヴェールがハナに立つとはね。行けない形にはなっても折り合って我慢できたし、直線も一度グッと伸びてくれた。ただ、ラストは脚が上がってしまったね。

⑤着ルージュバック(ルメール騎手) 道中はいい感じで運べたが、マイルは久々だったせいか追い出してからの反応が少し遅かったね。でも、最後まで頑張って伸びてくれたよ。

⑥着マジックタイム(ボウマン騎手) 思い描いた競馬はできました。ただ最後はもうちょっとはじけてくれるかと思ったんですが……。稽古ではいい反応でググッときてたんですが、レースでは違いましたね。

⑨着シュンドルボン(吉田豊騎手) 久々の千六で外枠。スタートは出ましたがあの位置になってしまったね。直線も思うようにはさばけなかったんで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る