【オークス】シンハライトが勝ち、②着チェッキーノで順当決着

公開日:  更新日:

 22日(日)に東京で行われたGⅠオークスは単勝2・0倍の圧倒的な1番人気に推されていたシンハライトが、直線で馬群を割って勝利。今年、GⅠで惜敗続きだった池添が、ようやくタイトルを手にした。

 ただし、池添は最後の直線で外側に斜行。デンコウアンジュが不利を受けたことにより、28日(土)、29日(日)の2日間、騎乗停止となった。

 ②着は2番人気チェッキーノ。③着は5番人気ビッシュと、フローラS組が上位に入った。

 なお、配当は以下の通り。

単 勝③200円
複 勝③110円⑬130円⑭320円
枠 連②⑦300円
馬 連③⑬420円
馬 単③→⑬650円
ワイド③⑬200円③⑭660円⑬⑭910円
3連複③⑬⑭2070円
3連単③⑬⑭5790円

(万全を期すため成績、払戻金等はJRA発行のものと照合してください)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る