• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【オークス】シンハライトに見えた秋の課題

単勝2倍に応えて順当V

「これがシンハライトの底力――」

 桜花賞の雪辱を晴らしたオークスのレースぶりは、管理する石坂師のこのひと言に尽きる。

“3強ムード”だった桜花賞とは違い、春2冠目は桜花賞馬ジュエラー、メジャーエンブレムが不在。単勝2倍の支持通り、“勝って当然”の雰囲気が漂っていた。

 ただし、そう簡単に勝てないのが競馬の難しさでもある。レース後、師が「“ダメかな”と思ったシーンもあった」と苦笑いしたように、肝を冷やしたファンも多いことだろう。

 折り合い重視でレース前半を運んで14番手の後方から。千メートルこそ59秒8と流れたものの、そこからペースが緩んで12秒後半のラップが続き、後方のインは苦しい位置取りに。加えて、直線も進路がなく、やっと前があきかけたのが残り1F。師が負けを覚悟したのもうなずける。

 ただし、その苦境から逆転して差し切るのだから、まさに“底力”が違った。先に抜けていたビッシュ、外チェッキーノの間をアッという間に割ってラスト1Fは、11秒0前後の脚を使った。外に出した際、デンコウアンジュの進路を妨害し、池添が騎乗停止(開催2日間)の制裁を受けたものの、2センチ差で敗れた桜花賞の雪辱を晴らした。

 秋はローズS→秋華賞の3歳牝馬の王道路線を進む。秋初戦の舞台は阪神千八の外回り。デビュー5戦中、4回も33秒台の末脚を使っているシンハライトにとって問題ないだろう。

 むしろ、鬼門となるのは3冠最終戦の秋華賞。4年前に3冠馬に輝いたジェンティルドンナですら、オークスでの5馬身差が、内回りコースとなった秋華賞は鼻差の辛勝へと変わった。

 シンハライトももちろん、今回のような競馬では苦しい。ローズSでひと回り成長した競馬ぶりを示せるか。ビッグタイトルと同時に、秋への課題も見えてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る