• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【オークス】レース後の談話

①着シンハライト(池添騎手) 桜花賞で悔しい思いをしたので、これを晴らすにはオークスの舞台しかないと。スタートをしっかり切ってと考えていたんですが、1歩目が遅くてイメージよりも後ろになって。それでもすぐに挽回できたし、先生から「ロスのない競馬を」と言われていたので直線でも真ん中を突きました。外に出す時に他馬に迷惑をかけてしまったんですが、グッと伸びてくれました。初めての輸送、距離をこなしてくれて、結果を出してくれたのだから、やはりすごい馬です。

②着チェッキーノ(戸崎騎手) 道中はリラックスして走れました。ラストは勝ち馬に内をすくわれたけど、この馬も最後までよく伸びてます。強いて言えば、もう少し前につけて行っても良かったかな。そうすればあそこまで外を回らされずにすんだかも。

③着ビッシュ(M・デムーロ騎手) 惜しかったね。4コーナーで右にもたれてバランスを崩したけど、最後までよく頑張ってくれた。距離は大丈夫だったよ。

④着ジェラシー(菊沢調教師) 自分も(騎手時代に)オークスに乗ったことがあるので、その過酷さは知ってる。まだまだこれからの馬なので、こんな感じでレースを運んでほしいという通りに乗ってくれたよ。最後まできっちり脚を使った。力は出し切ってくれたと思う。

⑤着ペプチドサプル(四位騎手) 折り合いはついたし、馬場のいいところを通っていい感じで運べたね。使い込んでの中1週。きついローテーションを考えればよく頑張ったよ。

⑥着フロンテアクイーン(蛯名騎手) 道中からうるさい面を見せていたね。もう少し落ち着いてリラックスした走りができれば、もうひと伸びがあるんだけどな。ま、現状ではよく走っているよ。

⑨着デンコウアンジュ(川田騎手) 直線で勝ち馬にぶつけられてしまって、かわいそうでした。その後、もう一度伸びているだけに……。

⑩着エンジェルフェイス(ルメール騎手) リラックスした走りで2番手に。直線の反応は良かったが、残り250メートルでペースダウンだったよ。少し距離が長いのかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る