【オークス】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着シンハライト(池添騎手) 桜花賞で悔しい思いをしたので、これを晴らすにはオークスの舞台しかないと。スタートをしっかり切ってと考えていたんですが、1歩目が遅くてイメージよりも後ろになって。それでもすぐに挽回できたし、先生から「ロスのない競馬を」と言われていたので直線でも真ん中を突きました。外に出す時に他馬に迷惑をかけてしまったんですが、グッと伸びてくれました。初めての輸送、距離をこなしてくれて、結果を出してくれたのだから、やはりすごい馬です。

②着チェッキーノ(戸崎騎手) 道中はリラックスして走れました。ラストは勝ち馬に内をすくわれたけど、この馬も最後までよく伸びてます。強いて言えば、もう少し前につけて行っても良かったかな。そうすればあそこまで外を回らされずにすんだかも。

③着ビッシュ(M・デムーロ騎手) 惜しかったね。4コーナーで右にもたれてバランスを崩したけど、最後までよく頑張ってくれた。距離は大丈夫だったよ。

④着ジェラシー(菊沢調教師) 自分も(騎手時代に)オークスに乗ったことがあるので、その過酷さは知ってる。まだまだこれからの馬なので、こんな感じでレースを運んでほしいという通りに乗ってくれたよ。最後まできっちり脚を使った。力は出し切ってくれたと思う。

⑤着ペプチドサプル(四位騎手) 折り合いはついたし、馬場のいいところを通っていい感じで運べたね。使い込んでの中1週。きついローテーションを考えればよく頑張ったよ。

⑥着フロンテアクイーン(蛯名騎手) 道中からうるさい面を見せていたね。もう少し落ち着いてリラックスした走りができれば、もうひと伸びがあるんだけどな。ま、現状ではよく走っているよ。

⑨着デンコウアンジュ(川田騎手) 直線で勝ち馬にぶつけられてしまって、かわいそうでした。その後、もう一度伸びているだけに……。

⑩着エンジェルフェイス(ルメール騎手) リラックスした走りで2番手に。直線の反応は良かったが、残り250メートルでペースダウンだったよ。少し距離が長いのかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る