【オークス】②着チェッキーノ本流組にまたしても敗れた藤沢和師

公開日:  更新日:

 道中は勝ち馬と13、14番手で隣同士、上がり3Fも同じ33秒5。だが、それでもチェッキーノに勝利の女神はほほ笑んでくれなかった。

 着差はわずか“首”。直線は大外から鞍上・戸崎の右ムチに応えてグイグイと伸びて、勝利が見えかけた。と、その瞬間内からアッという間にシンハライトに差されてしまう。相手が悪かったとはいえ、あまりにも無情な結果となってしまった。

 これで藤沢和厩舎のオークスは99年スティンガーの初挑戦から④④⑦⑤④③②着。栄冠に手が届きそうで届かない。今年は前哨戦のフローラSをレースレコードで快勝して2番人気で臨んだが、この惜敗だ。

 振り返れば、ダービーでも02年シンボリクリスエス、03年ゼンノロブロイ、10年ペルーサがTR青葉賞を勝ちながら、本番は②②⑥着止まり。JRA1303勝の名門厩舎も、クラシック制覇はいまだに04年ダンスインザムードの桜花賞のみだ。またしても、“サクラサク”の吉報は来年へと持ち越しとなってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る