【仏GⅠ・イスパーン賞】武豊エイシンヒカリ10馬身差の圧勝に現地ホースマンも驚嘆

公開日:  更新日:

 武豊エイシンヒカリのコンビがまたまた大仕事だ!

 日本時間で24日(火)の夜、午後9時50分に発走した仏GⅠイスパーン賞(シャンティイ競馬場、芝千八)。1分53秒29のタイムで勝利を収め、暮れの香港カップに続く、海外GⅠ2勝目を挙げた。

 今回のエイシンヒカリには克服すべき課題が多かった。

 まずは馬場状態。シャンティイ競馬場があるパリ郊外は先週末からずっと雨が続き、現地の発表は「コロン」。10段階で下から3番目という、日本ではめったにお目にかかれないレベルの極悪馬場だった。

 レースにも試練があった。エイシンが楽にハナに行けるのかと思いきや、外から掛かったヴァダモスに先頭を奪われ、前半はインの2番手の位置に。馬が首を上げたり、左右に振るシーンもあり、苦戦を強いられるか、とも思われた。

 だが、エイシンは想像以上に強かった。武豊がうまく逃げた馬の外に誘導して、折り合いはクリア。残り400メートルぐらいで先頭に立つとグイグイと加速して、完全に独走状態に。ゴールでは②着ダリヤンに10馬身もの差がついていた。

 これには現地のホースマンも驚嘆。最新のサラブレッドランキングでエイシンは世界8位だが、今回の走りでかなり上位に上がりそう。海外GⅠ9勝目となる武豊も「本当に強かったです」と興奮していた。

次走は英GⅠプリンスオブウェールズS

 次走は6月15日。イギリスのアスコット競馬場で行われるプリンスオブウェールズSだ。昨年、スピルバーグが挑戦した芝二千の大舞台に、今度は大本命として日本馬が出走することになる。21日にラニで米GⅠプリークネスSに挑戦して⑤着、その足でフランスに渡った武豊はようやく帰国の途に。27回目のダービーはエアスピネルで挑む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る