【ダービー】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着マカヒキ(川田騎手) ゲートを出て、いい位置が取れました。道中はサトノダイヤモンドが斜め前にいたので“この馬と一緒に上がろう”と。直線は狭いところから、しっかり脚を使ってくれました。最後は“届いてくれ”と。ゴール入った瞬間、出ているような気がしましたが、(電光掲示板に)3の数字が出て本当にうれしかったです。

(友道調教師) 調整が100%うまくいって、これで負けたら仕方ないと。パドックでは騎手に「いい枠だからスッと前に付けられるよね?」と話し、いい位置が取れて安心しました。最後は覚えてないくらい叫んでましたね。凱旋門賞はオーナーとの相談になりますが、選択肢のひとつだと思ってます。

②着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) いいレースだったね。道中から直線に向くまでいい感じで運べたし、追い出しも待つ余裕があった。そこからの反応も良くて、ラストまでしっかり伸びてくれた。ゴールではギリギリだったな。残念だったよ。

③着ディーマジェスティ(蛯名騎手) 道中は①②着馬を見る位置で。ゴチャつくところもなかった。レースの運びというところでは文句なかったよ。ただ、直線は内から張られたね。あれで外に持ち直さなければならなかった。そこからもう一度、伸びていただけにもったいなかったよ。運がなかったね。

④着エアスピネル(武豊騎手) 勝ちを狙って思い通りのレースができたね。直線はいったん先頭に立って、やったかと思ったけどな。まあ、きょうは上位が強かった。生まれた年が悪かったよ。

⑤着リオンディーズ(M
・デムーロ騎手) 皐月賞でスタートを出していったことも影響したのか、きょうはゲートの中で怒っていたよ。リラックスして走ることができなかったね。それでもよく伸びて、直線半ばあたりでは勝てるかと思ったくらい。ラストは止まってしまったけど……。

⑥着スマートオーディン(戸崎騎手) 返し馬の感触は抜群。デキはすごく良かったんですけどねえ。もう少しハミを抜いて、リラックスして走らせてあげればよかったんですが。それでも最後までよく伸びてます。力はありますよ。

⑦着マウントロブソン(T・ベリー騎手) スタートで出遅れたのが痛かった。いい位置で運べればもっとやれたのに。

⑧着レインボーライン(福永騎手) スタートのタイミングが合わなかったのが残念だったね。それでもそう負けずに頑張ってた。この距離を走り切れたことで、これからの選択肢が広がったのは良かったと思う。

⑨着レッドエルディスト(四位騎手) 小細工なしでじっくり構えて直線勝負。それでどこまで伸びるか、という競馬をしたよ。最後までジワジワとは伸びてくれたし、内容はあったと思う。この後は休ませるとのこと。秋になったら良くなるよ、この馬。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る