• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【安田記念】絶対王者モーリス敗れる

その強さゆえの少頭数でスローに泣く

 モーリスについに土がついた。

 昨年、堀厩舎に転厩してから負け知らずの7連勝。年度代表馬にまで輝いたマイル界の“絶対王者”が、連覇を狙った安田記念でまさかの②着に敗れた。

 単勝170円の断然1番人気。ファンの多くも凱旋戦での圧倒的なパフォーマンスを期待していた。しかし、今回はその強さがアダになったか。

 登録の段階でフルゲート割れの16頭。さらに回避馬が相次ぎ、結局、12頭立てとチャレンジャーは少なかった。典型的な逃げ馬不在の少頭数になり、レースはスローで流れることに。

 ハナに行ったロゴタイプがつくったペースは前半5F59秒1。以前と違って折り合いがつくようになったとはいえ、さすがにこの流れは遅すぎ。

 向正面で引っ掛かって2番手に上がると、終始、力みっぱなし。鞍上が必死になだめても、ハミが抜けるところがなかった。

 並の馬なら惨敗してもおかしくない展開。実際に3番手で前半、同じように引っ掛かっていたリアルスティールは、⑪着に敗れたほどだ。それでも、②着を死守したあたりはさすがの底力だが、マイペースで逃げたロゴを捕まえることはできなかった。

 鞍上のT・ベリーにしても今回は全くのテン乗り。オーストラリアのトップジョッキーとはいえ短期免許での来日はまだ2回目。日本では重賞未勝利だ。

 雨上がりの芝で内ピッタリを回った田辺に対して、馬場の中ほどまで出して行ったコース選択も経験値の差か。

 ともあれ、今回は厳しい条件が重なったモーリス。これを糧にして、復権を目指したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る