【安田記念】絶対王者モーリス敗れる

公開日: 更新日:

その強さゆえの少頭数でスローに泣く

 モーリスについに土がついた。

 昨年、堀厩舎に転厩してから負け知らずの7連勝。年度代表馬にまで輝いたマイル界の“絶対王者”が、連覇を狙った安田記念でまさかの②着に敗れた。

 単勝170円の断然1番人気。ファンの多くも凱旋戦での圧倒的なパフォーマンスを期待していた。しかし、今回はその強さがアダになったか。

 登録の段階でフルゲート割れの16頭。さらに回避馬が相次ぎ、結局、12頭立てとチャレンジャーは少なかった。典型的な逃げ馬不在の少頭数になり、レースはスローで流れることに。

 ハナに行ったロゴタイプがつくったペースは前半5F59秒1。以前と違って折り合いがつくようになったとはいえ、さすがにこの流れは遅すぎ。

 向正面で引っ掛かって2番手に上がると、終始、力みっぱなし。鞍上が必死になだめても、ハミが抜けるところがなかった。

 並の馬なら惨敗してもおかしくない展開。実際に3番手で前半、同じように引っ掛かっていたリアルスティールは、⑪着に敗れたほどだ。それでも、②着を死守したあたりはさすがの底力だが、マイペースで逃げたロゴを捕まえることはできなかった。

 鞍上のT・ベリーにしても今回は全くのテン乗り。オーストラリアのトップジョッキーとはいえ短期免許での来日はまだ2回目。日本では重賞未勝利だ。

 雨上がりの芝で内ピッタリを回った田辺に対して、馬場の中ほどまで出して行ったコース選択も経験値の差か。

 ともあれ、今回は厳しい条件が重なったモーリス。これを糧にして、復権を目指したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る