【安田記念】里見オーナー またしてもGⅠには手が届かず

公開日:  更新日:

 ダービージョッキー・川田の勢いをもってしても、GⅠには手が届かなかった。④着に敗れたサトノアラジンの里見治オーナーだ。

 92年に馬主デビューしてから、意外にもこれまで一度もGⅠタイトルを手にしていない。

 サトノダイヤモンドで挑んだダービーは②着。落鉄のアクシデントもあり、川田マカヒキとのたたき合いの末、わずか8センチ差で涙をのんだ。そして、先週は“きのうの敵”川田とタッグを組んで悲願のGⅠ取りへ――。

 流れは最高だった。まず、土曜阪神のGⅢ鳴尾記念でサトノノブレスが川田騎乗でレコードV。重賞制覇の勢いに乗って日曜を迎えた。

 3番人気だったサトノアラジンは中団で脚をためて、直線は上がり3F33秒6で猛追。しかし、前が止まらない展開に泣いて④着止まり。

 またしてもGⅠのウイナーズサークルに立つことはできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る