日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【安田記念】レース後の談話

①着ロゴタイプ(田辺騎手) ここ2戦も逃げることは作戦のひとつとして考えていました。今回も“絶対”ではなく、周りの出方を見ながら。でも、競ってくる馬や主張する馬もなく、ノーマークで行けましたね。道中は追い切りの単走みたく楽でした。前走は坂を上がってから止まりましたが、今回は後続との差が詰まってこなくて。勝てて本当にうれしい。これからはGⅠで人気馬に依頼されるジョッキーを目指していきたいです。

②着モーリス(T・ベリー騎手) 全体のペースが遅くなって、前に馬を置くことができず掛かってしまいました。それでも②着に頑張ったんだから、能力のある馬です。

③着フィエロ(内田騎手) じっくりためた方がいいと思っていたんであの位置から。ただ、直線はみんなが外に張り出してきたので、さらにその外を走らされる形になってしまった。最後の最後にはかなりいい脚を使ってくれたけどね。

④着サトノアラジン(川田騎手) これだけペースが遅いとね。ゴール前はこの馬もよく伸びてくれたんですが、ほかの馬も伸びていたし、前もスパッとはあかなかったんで。もっと流れてほしかったです。

⑤着イスラボニータ(蛯名騎手) 外枠だったから、道中は前の有力馬を見る形。ペースが遅かったんで早めに動いたよ。直線は他馬が外に動いてきて張り出されてしまったし、この馬自身、闘争心を出さずに終わってしまった。うまくかみ合わなかった感じだね。

⑥着ディサイファ(武豊騎手) スタートが決まったし、いい位置で運べた。思い通りのレースができたよ。マイルは初めてだったけど、むしろ合ってるんじゃないかな。距離の幅が広がったね。

⑦着ダノンシャーク(大久保調教師) ジョッキーと相談してあの位置から運ぶことに。ペースが遅くて前残りの流れになったのが痛かったよ。

⑧着クラレント(小牧騎手) 行くつもりでいたし、ゲートもうまく出てくれたんだけどな。その後は他の馬が速かったこともあるし、この馬自身、二の脚がつかなかった。

⑨着ロサギガンティア(M・デムーロ騎手) 千六はギリギリと思っていたんでね。ゲートは遅かったが、もともと後ろから運ぶつもりでいたんだ。直線は緩い馬場を気にしている感じ。内にモタれていたね。

⑪着リアルスティール(福永騎手) ペースが遅くなることは想定していたけど、予想以上だった。その分、3角まではリズムをとって走ることができなかったよ。その後は力みが抜けてスムーズに走れたとはいえ、直線は早々と失速。前半のロスがこたえたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事