日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国枝厩舎 昨年以降、東京芝千八で勝ち鞍首位

国枝調教師(C)日刊ゲンダイ

エプソムC ロジチャリスは福永で3戦3勝

 春の東京開催も残り3週。そこで昨年から先週までの東京芝成績を調べてみると、1位堀23勝、2位藤沢和15勝、3位国枝14勝、4位が戸田、鹿戸、斎藤誠の10勝と、やはりリーディング上位陣の顔ぶれが並ぶ。

 さらにその期間で日曜に行われるGⅢエプソムCと…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事