【エプソムC】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ルージュバック(戸崎騎手) 大外枠だったので、スタートに気をつけて。ちょうどいいところに人気馬がいて、それを見られるような位置で我慢できました。ここ最近では一番の末脚。(前と離れていても)届くんじゃないかなと。結果が伴わず、ずっと申し訳ない気持ちでいただけにうれしいですね。この馬と一緒にGⅠを取りたい。これからもいい競馬が見せられると思います。

②着フルーキー(M・デムーロ騎手) 勝ち馬の後ろでいい感じで運べたが、直線はスッと離されてしまった。でも、自分の馬は58キロを背負って最後までよく伸びていた。すごく頑張ったよ。

③着マイネルミラノ(柴田大騎手) 勝ったか、と思ったけど重賞は甘くないですねえ。ケイコの動きがすごく良かったんで期待してたんですが、その通りにいい踏ん張りでした。きょうは勝ち馬が強すぎましたね。

④着ロジチャリス(福永騎手) 思ったよりはペースが流れてくれたし、スムーズに運べましたよ。ま、勝った馬はともかく②着争いではそう負けてないですからね。初めての古馬相手の重賞でこれだけやれれば上々ですね。力をつけてますよ。

⑤着レコンダイト(石川騎手) ラストはかなりいい伸びでした。もう少しロスなく立ち回れればよかったんですが……。

⑥着ヒストリカル(田中勝騎手) ハマらなかったなあ。前が離して逃げていたけど、流れ自体は遅かったもんな。道中は力むくらいのペースだったよ。この馬としてはよく伸びてたんだけど。

⑦着アルバートドック(三浦騎手) 思っていたよりも位置取りが後ろだったし、ペースも遅くて不向きなヨーイドンの流れになった。それを考えれば、よく差を詰めてます。

⑧着サトノギャラント(デュプレシス騎手) フルーキーの後ろでいい手応えで運べていたけど、勝負どころでモタついて離されてしまった。残り100メートルからはいい伸びだっただけに、あそこでスッと動けていれば。

⑨着ラングレー(石橋騎手) 枠順がアダになりましたね。馬場の内めは結構、軟らかくてノメるところもありました。脚がたまってない分、直線では一瞬グッと伸びただけ。あとは伸び切るような走りになってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る