• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マーメイドS】レース後の談話

①着リラヴァティ(松若騎手) 何度か乗せてもらい、どんな馬か把握していました。スタートを決めて、前、前でと。オーバーペースでもなかったですよ。最後までしっかりと脚を使い、勝負根性で差し返してくれました。

②着ヒルノマテーラ(四位騎手) 道悪はあまり良くない馬。できれば降り出しが、もう一時間遅れてほしかった。それでも最後はいい脚を使ってくれたからね。馬は頑張ってくれたと思うよ。

③着ココロノアイ(尾関調教師) 難しい馬が逃げて、乗り役さんは“乗りづらい面があった”と。直線は多少右に張る面はありましたが、全体的にはスムーズな競馬ができたと思います。

④着シュンドルボン(田辺騎手) 状態は良かったし、うまく流れにも乗れてたと思う。最後はやっぱりハンデ差の分じゃないかな。競り合いになった時にひと踏ん張りが利かなかったんで。

⑤着ハピネスダンサー(高野調教師) 8キロの馬体減からも、もっとボリュームがあってもよかった気はします。そのあたりが重賞を連戦してきた影響かも。内を突いて詰まったのは勝負のアヤ。頑張ってくれました。

⑨着ナムラアン(池添騎手) ゲートを出てすぐに隣の馬と接触。それで道中もずっと力んで、リズムの悪い競馬になってしまった。きょうはゲートがすべてです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る