【マーメイドS】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着リラヴァティ(松若騎手) 何度か乗せてもらい、どんな馬か把握していました。スタートを決めて、前、前でと。オーバーペースでもなかったですよ。最後までしっかりと脚を使い、勝負根性で差し返してくれました。

②着ヒルノマテーラ(四位騎手) 道悪はあまり良くない馬。できれば降り出しが、もう一時間遅れてほしかった。それでも最後はいい脚を使ってくれたからね。馬は頑張ってくれたと思うよ。

③着ココロノアイ(尾関調教師) 難しい馬が逃げて、乗り役さんは“乗りづらい面があった”と。直線は多少右に張る面はありましたが、全体的にはスムーズな競馬ができたと思います。

④着シュンドルボン(田辺騎手) 状態は良かったし、うまく流れにも乗れてたと思う。最後はやっぱりハンデ差の分じゃないかな。競り合いになった時にひと踏ん張りが利かなかったんで。

⑤着ハピネスダンサー(高野調教師) 8キロの馬体減からも、もっとボリュームがあってもよかった気はします。そのあたりが重賞を連戦してきた影響かも。内を突いて詰まったのは勝負のアヤ。頑張ってくれました。

⑨着ナムラアン(池添騎手) ゲートを出てすぐに隣の馬と接触。それで道中もずっと力んで、リズムの悪い競馬になってしまった。きょうはゲートがすべてです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る